使い捨てカップの市場規模、2026年に38億米ドル到達予測

使い捨てカップの市場規模は、2020年から2026年の間に、CAGR9.5%で成長し、2026年には38億米ドルに達すると予測されています。使い捨てカップは、持ち歩けないグラス、ジョッキ、マグカップなどの代わりとなるものです。また、パーティーや社交場、お祝い事などで使用されることが多く、今後、市場は急成長すると考えられています。

また、家庭での用途も多岐にわたります。多くの家庭では、小さな使い捨てカップをある程度ストックしておき、子供用の食事、大人にはカプチーノやエスプレッソなどの飲み物を提供する際に使用しています。また、体調不良の際には、感染症や病気の予防にも使われます。さらに、その利便性から、家庭用品や工芸品を作る際に、塗料や染料、接着剤などを混ぜるのにも使われています。これらの要素が、使い捨てカップ市場の成長を促進しています。

一方、使い捨てカップの中には、プラスチックを使用して製造され、環境に害を及ぼすタイプの物もあります。加えて、環境問題に対する人々の関心が高まっていることから、今後の市場成長の妨げになると推測されます。使い捨てカップには多くの利点があるものの、プラスチックや発泡体で構成されているため、環境に悪影響を及ぼします。プラスチックは分解するのに何年も時間がかかり、環境を汚染し、野生動物にも悪影響を与えます。国によっては、使い捨てプラスチックの使用を減らすための規則を作り、プラスチックの使用を規制しています。例えば、フランスでは、2019年8月末までに使い捨てのカップ、食器、皿の使用を禁止するという新しい方針を打ち出しました。また、世界各国で使い捨てプラスチックの再利用も進んでいます。

製品別の展望

市場は、製品別に、プラスチック、紙に分かれています。2019年は、紙セグメントが最大シェアを占め、同時に、最も高い成長率を記録すると予測されています。これは、外出時に、温かい飲み物と冷たい飲み物の両方で使用できるという性質によるものです。紙コップは環境に優しく、通常はリサイクル可能な天然素材で構成されているため、二酸化炭素排出量を減らすことができます。

エンドユース別の展望

市場は、エンドユース別に、商業用、施設用、家庭用に分類されます。2019年は、商業用セグメントが最大シェアを占め、この傾向は今後も続くと予想されます。これは、クイックサービスレストランやコーヒーチェーンの普及が進み、使い捨てカップの需要が高まっていることによるものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]