冷感ファブリックの市場規模、2026年に36億米ドル到達予測

冷感ファブリックの市場規模は、2020年から2026年の間に17.3%のCAGRで成長し、2026年には36億米ドルに達すると予測されています。冷感ファブリックは、冷感による快適さを追求する新繊維です。また、冷感ファブリックは、灼熱の場所では防護服として採用されます。このファブリックには、水分管理と蒸発冷却技術が使われています。冷感ファブリックの中には、生地に均等に吸収した汗を、急速に蒸発させることで、冷却効果を生み出すものもあります。

人々は衣服に快適な素材を求めるようになり、その結果、世界中で冷感ファブリックの需要が高まっています。アメリカ、ブラジル、中国、ロシア、マレーシアなどの国で、スポーツ産業における冷感ファブリックの需要が高まっています。これらの国では、スポーツ選手の衣服の役割を強く意識することで、スポーツ活動中の快適性が向上しています。

冷感ファブリック市場の主要なトレンドは、スポーツ愛好家の意識の高まりです。さらに、スポーツ選手の大半は、快適な素材を使った衣服を好みます。発展途上国では、急速な経済発展、スポーツ関連の活動や文化の発展、ライフスタイルの変化などが見られ、これらの側面が冷感ファブリック市場の成長に寄与すると考えられます。一方で、製品の価格が高いため、多くの人々がこの種の衣料品の購入を控えており、この点が、今後の冷感ファブリック市場の妨げになると考えられます。

アプリケーション別展望

市場は、アプリケーション別に、スポーツアパレル、プロテクティブウェア、ライフスタイル、その他のアプリケーションに分類されています。同市場では、ヘルスケア、軍事、産業用途での冷感ファブリックの使用が増加しており、大きな成長機会が見込まれます。特に産業用途では、過酷な環境下で発生する熱ストレスを軽減することができるため、保護服への利用が増加すると考えられます。さらに、ライフスタイル、自動車、ファッションなど、その他の用途にも使用されており、今後数年間で市場の拡大が予測されます。

タイプ別展望

市場は、タイプ別に、合成繊維と天然繊維に分けられます。2019年には、合成生地セグメントが最大シェアを占め、今後も支配的な地位を維持することが考えられます。これは、合成繊維の優れた強度と改善された性能によるものと考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]