バナナブレッドの市場規模、2026年に12億米ドル到達予想

バナナブレッドの市場規模は、2020年から2026年の間にCAGR6.8%で上昇し、2026年には12億米ドルに達すると予想されています。バナナブレッドは、その名の通り、バナナを主原料としたパンです。バナナには、カルシウム、鉄分、タンパク質、カリウム、ビタミン、食物繊維などの優れた栄養素が含まれています。また、ベーキングパウダー、小麦粉、香辛料、砂糖、油脂、乳製品などもバナナブレッドの原材料として使用されます。

バナナブレッド市場の成長は、消費者が健康的な食事を好むようになったことで促進されます。パンメーカーは、グルテンフリーのバナナブレッドやココナッツ入りのバナナブレッドなど、さまざまなタイプを発売し、健康志向の高い人々に多様な製品を提供しようとしています。さらに、健康上の利点や、材料の入手のしやすさが、バナナブレッド市場の成長を促進しています。また、フードチェーン分野の急成長により、先進国でのバナナブレッドの需要が増加すると予想されます。

バナナブレッドには多くの種類とフレーバーがあり、消費者は様々な選択をする事ができます。バナナブレッドに含まれる栄養素は、多くの健康特性をもたらすため、人の免疫システムを高めるのにも役立ちます。バナナブレッドの中には、クルミやアーモンドなどのナッツ類が入っているものもあり、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

米国食糧農業機関によると、バナナは熱帯・亜熱帯地域の約135の国と地域で栽培されています。バナナの最大の生産国はインドで、年間2,970万トン、次いでウガンダが1,110万トン、中国が1,070万トンとなっています。

流通チャネルの見通し              

市場は、流通チャネル別に、ハイパーマーケット・スーパーマーケット、コンビニエンスストア、オンライン、その他に分けられます。オンライン市場は、最速の成長を示すと予測されています。この成長は、販売チャネルに付随する利便性の高さに起因しています。さらに、世界的なCOVID-19の流行が、電子商取引を通じたベーカリー製品の需要を促進しています。オフライン市場やハイパーマーケット、スーパーマーケットを運営する企業は、顧客が、割引、ドアステップデリバリー、製品の品揃えの多さなどを好む傾向があることから、eコマース業界に参入しています。

エンドユーザーの展望

バナナブレッド市場は、エンドユーザー別に、非フレーバータイプとフレーバータイプに分けられます。製品に基づいて、2019年には、非フレーバーセグメントが最大シェアを獲得しました。非フレーバーセグメントは、世界レベルで多様な製品利用できることから、優位性を維持すると推測されます。低糖質、グルテンフリーおよびビーガンのバナナブレッドのような新製品を提供しているメーカーが多数あります。このような製品のバリエーションは、消費者に複数の選択肢を提供するため、より多くの顧客を魅了しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]