ベビー用おしゃぶりの市場規模、2026年に5億8,180万米ドル到達予測

ベビー用おしゃぶりの市場規模は、2020年から2026年の間に8.8%のCAGRで上昇し、2026年には5億8,180万米ドルに達すると予測されています。おしゃぶりとは、赤ちゃんを落ち着かせるために使用する製品のことで、赤ちゃんが吸っても安全にできています。市場には、リングやラトルなど、さまざまな種類のおしゃぶりがあります。また、歯固め、ダミーとしても知られており、シリコン、ゴム製乳首、ラテックス、プラスチック、シリコン製マウスハンドル、シールドなどの素材があります。ゴムやラテックス製のおしゃぶりは、シリコン製のおしゃぶりに比べて比較的自然で、柔らかく、柔軟性があります。しかし、シリコン製のおしゃぶりはラテックス製のおしゃぶりよりも長持ちします。

出生率の上昇、おしゃぶりの手頃な価格、ライフスタイルの変化などが、ベビー用おしゃぶり市場の成長に貢献しています。おしゃぶりは、赤ちゃんを落ち着かせ、快適過ごすための助けとなることが、購入される動機となっています。また、働く女性の増加も、市場の需要にプラスの影響を与えています。一方、おしゃぶりの常用は赤ちゃんの感染症を引き起こす可能性があり、市場成長の妨げとなることが予想されます。新興国でのおしゃぶりに対する意識の高まりや、おしゃぶりのテクノロジー活用などの要因が、市場に新たな成長をもたらすと考えられます。

両親の可処分所得の増加は、ベビー用おしゃぶりの需要増加に貢献しています。購買力の向上により、おもちゃ、おむつ、おしゃぶり、おしりふき、哺乳用品など、さまざまなベビー用品の需要を生み出しています。さらに、両親はこれらのベビーケア製品を使用することの重要性を認識しており、購入に多額の費用を費やしています。

タイプ別展望

市場は、タイプ別に、シングルピースとマルチピースに分類されており、シングルピースのおしゃぶりが高い市場シェアを占めています。シングルピースのおしゃぶりは、世界中で使用されており、非常に経済的です。シリコン、プラスチック、ラテックスなどの素材を使って1つの成形品として作られており、簡単に引き裂くことができないため、窒息のリスクを低減することができます。

サイズ別展望

市場は、サイズ別に、小型、中型、大型に分類されます。小型のおしゃぶりが最も高い市場シェアを占めています。小型のおしゃぶりは、6ヶ月未満の乳児に使用されます。さらに、ほとんどがFDAでテストされたシリコンでできています。また、シングルピースのおしゃぶりは、小型おしゃぶりのカテゴリーに属する主要なおしゃぶりです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]