オーディオDSPの市場規模、2026年に177億米ドル到達予測

オーディオDSPの市場規模は、2020年から2026年に9.3%のCAGRで上昇し、2026年には177億米ドルに達すると予想されています。DSPとは、デジタルシグナルプロセッサのことで、スマートフォン、ヘッドホン、スタジオオーディオ機器、スマートスピーカー、車載用エンターテインメントシステムなどに使用されている技術です。DSPチップには、さまざまなサイズ、価格、性能のものがあります。これらのプロセッサは、自動車やプロ用スタジオ機器に搭載されているマルチチャンネルプロセッサから、スマートスピーカーの音声認識用の小電力チップまで多岐にわたっています。その上、オーディオ関連のアルゴリズムの実行を高速化するとともに、従来のCPUよりも低消費電力で動作します。

オーディオDSPは、ヘッドホンから車載用スピーカー、DAC、業務用機器まで、高度なオーディオ機器に重要な役割を果たしています。高品質なDSPは、デバイス上のEQから、音声認識、サラウンド機能、アクティブノイズキャンセリングまで、高品質な音響効果のための処理能力を提供します。また、消費電力が少ないため、長時間のリスニングにも対応でき、バッテリーの寿命を延ばすことができます。

最新のデスクトップコンピュータは、オーディオハードウェアで構成されています。このオーディオハードウェアは、音声を録音してデジタルデータとして保存し、その後再生することができます。さらに、このデジタル情報を編集して、再生時のオーディオサウンドを変化させることもできます。デジタル編集の柔軟性と忠実な再現を目的として、一般仕様となったデジタルオーディオエフェクトがあります。ホームシアター製品用のオーディオDSPソリューションは、ハイエンドシステムのハイファイな音から、ローエンドシステムの機能豊富な音まで、より多くの機能とリアルな音を提供することができます。

タイプ別展望

市場は、タイプ別に、統合型とディスクリート型に分けられます。2019年のオーディオDSP市場では、統合型セグメントが最大シェアを獲得しました。ブロードバンド、ビデオストリーミング、クラウドサービスの需要が高まっていることから、無線通信市場の需要が拡大することが予想されます。さらに、COVID-19パンデミックにより、デジタルトランスフォーメーション・IoT、5G、AI、インテリジェントエッジコンピューティングなどの技術に対する要求が増えることが予測されます。

エンドユーザー別展望

市場は、エンドユーザー別に、電話、IoT、ホームエンターテインメント、コンピュータ、トゥルーワイヤレスイヤホン、スマートホーム、ウェアラブル、その他に分類されます。2019年は、電話セグメントが最大の収益を獲得しました。多くの主要な組織が、適切に使用されたDSPの変革力を支持し始めています。3Dオーディオの正確な作成、音楽の自動最適化、Bluetoothオーディオコーデックの未来を可能にするなど、DSP領域で行われた新開発は、人々のリスニング方法を変える可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]