ニキビ対策用化粧品の市場規模、2026年に31億米ドル到達予測

ニキビ対策用化粧品の市場規模は、2020年から2026年の間に6.1%のCAGRで上昇し、2026年には31億米ドルに達すると予想されています。ニキビは、ざ瘡(ざそう)や吹き出物と呼ばれる代表的な皮膚疾患です。特に若年層に多く見られるのが、尋常性ざ瘡です。ニキビ対策用の化粧品は、黒ニキビ、白ニキビなど、さまざまなタイプのニキビを改善します。

ニキビに対する社会的な偏見と、発展途上国の男性や女性を中心とした化粧品の使用の増加が、市場発展の主な要因となっています。にきびは、若者の間で最も広く認識されている皮膚のトラブルです。Journal of The European Academy of Dermatology and Venereology誌に掲載された記事によると、若い男性の95%以上、若い女性の85%近くがニキビを経験していると報告されています。そのうち約40%が中程度から重度のニキビに悩まされており、約半数が大人になってもニキビが残っているといいます。このように、ニキビの発生率が高いことから、同市場の発展が期待されています。

ニキビ患者は、不安、抑うつ、自信喪失、生活の質の低下、落ち込みなどを経験する可能性が高いと言われています。これは、人が自分の容姿に感情的・精神的に左右されることが原因と考えられます。このような精神的な影響は、インターネットやソーシャルメディア、写真編集アプリケーションの利用拡大によってさらに増大しています。

また、若者の間でニキビが増えていることも、ニキビ対策用化粧品市場の成長を促す大きな要因となっています。各国のニキビ対策用化粧品を販売している企業は、価格を下げ、品質を向上させるために、様々な技術開発、機器の改良、プロセスの改善を目指しています。

製品別展望

市場は、製品別に、クリーム・ローション、クレンジング・トナー、マスク、その他の製品に分類されます。2019年は、クリーム・ローションセグメントが最高シェアを獲得しました。これは、湿疹や乾癬などの細菌感染から、安全に肌を守ることへの需要によるものです。

用途別展望

市場は、エンドユース別に、女性と男性に分類されます。2019年は、女性用セグメントが主要セグメントとして浮上しており、今後も着実な成長を記録すると考えられます。ニキビ対策用化粧品市場は最大シェアを獲得しています。

地域別展望

市場は、地域別に、北米、欧州、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカに分類されます。2019年は、アジア太平洋地域が主要地域として浮上しました。さらに、この地域は今後最速で成長すると考えられます。アジア太平洋地域は、米国発のアイテムの最大の輸入国です。日本、オーストラリア、韓国などの国は、米国ブランドの最大の消費国です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]