eリテール取引金額は2024年に4兆8000億米ドルに達する見込み、新興市場が牽引 

【今後5年間で43%の成長見込み、決済プロバイダーは新興市場に焦点を当てるべき】

世界のeリテール(インターネット上のB to Cを利用した小売り)トランザクションの合計金額は、2020年の3兆 3000億米ドルから拡大し、2024年までに4兆8000億米ドルに達すると予測されています。接続性の改善により、新しい市場でのeリテールの台頭が可能になります。中国市場はラテンアメリカ、アフリカ、中東などの地域と同様にeリテールの市場拡大に重要な役割を果たすことがJuniper Researchによる調査で明らかになりました。

「ペイメントプロバイダー向け戦略:業界動向・機会・提言 (2020-2024年)」では、eリテールの現況およびデジタルペイメント産業における多様な部門の包括的な評価を提供しており、デジタルペイメント市場における企業への主な提言をまとめています。また、当レポートでは、先進国市場における成長の鈍化を補うために、決済プロバイダーに新興市場での新しい収益源を模索するよう提言しています。そのためには、MFS(モバイルファイナンシャルサービス)、QRコードの支払い、およびキャリア決済による経済的なインクルージョンを加速することが重要です。Juniper Researchの調査によると、銀行口座を必要としないモバイル決済は、発展途上市場でのeコマース決済に大きな可能性を提供します。また、発展途上国においてはモバイルデバイスの普及率が銀行の普及率を上回ることもわかりました。つまり、モバイルアクセスは、オンライン小売業および決済プロバイダーが潜在的なユーザーにリーチするための最良の方法となります。

デジタルペイメント市場の主なベンダーとして、2Checkout、Adyen、Alipay、Amazon Pay、Apple Pay、CyberSource (Visa)、Du Xiaoman Pay、Dwolla、FIS、Fiserv、Fitbit Pay、Garmin Pay、Google Pay、Huawei Pay、LINE Pay、Masterpass、MTN Mobile Money、Orange Money、Payline Data、PayPal、PaySafe、Paytm、Rakuten Pay、Sage Pay、Samsung Pay、Shopify、Skrill、Square、Stripe、Trustly、Visa Checkout、Vodafone M-Pesa、WeChat Pay、WePay、Xiaomi Pay、Yandex.Money、などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]