チャットボット市場、オムニチャネル戦略により2024年までに1,420億米ドルの売上を達成

【チャットボットは将来のオムニチャネル小売戦略の一部を形成】

チャットボットに対する消費者の支出金額は、2019年の28億米ドルから上昇し、2024年までに1,420億米ドルに達すると予測されています。今後4年間の平均年間成長率は400%になるとのことです。Juniper Researchの調査では小売部門がNLU(自然言語理解)技術の進歩の主要な受益者であることが明らかになりました。チャットボットにNLUを取り入れることにより、人間の入力を効率的に処理し、ユーザーに対してより正確な自動応答を生成できるようになります。NLUはユーザーにシームレスな小売体験を提供し、チャットボットを信頼できる小売チャネルとして確立するうえで不可欠であると予測されています。

NLU機能の進歩がチャットボットの有効性を促進する見込みです。2024年までには、小売チャットボットの相互作用の50%以上が人の介入を必要とせずに正常に完了するようになるでしょう。本調査ではその結果を踏まえ、小売業者が各チャネルにおける存在感を最大化するオムニチャネル戦略の一環としてチャットボットの実装を勧めています。2024年までに世界の消費者がチャットボットに支払う金額のうち80%は専用チャットボットが占めるでしょう。開発管理とブランディング双方の面で、専用チャットボットが小売業で最も人気のあるチャットボットメディアになると予測されています。

市場調査レポート「チャットボット:ベンダーの機会 & 市場予測 (2020-2024年)」では、2024年までの世界におけるチャットボットアクセス数の70%を極東と中国が占めると予測しています。さらに、2024年には中国のチャットボットを介して800億ドル以上が消費されるでしょう。この金額は同年のチャットボット市場全体からすると55%以上ということになります。一方で、これは中国におけるモバイルおよびオンラインによる物品購入の約4%にすぎません。

市場を推進するチャットボット開発ツールベンダーとして、Botsify、Chatfuel、Conversable、FlowXO、Google Dialogflow、Gupshup、IBM Watson、Kasisto、ManyChat、Massively.ai、Microsoft、Octane AI、Pandorabots、Rasa、Reply.ai、などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]