5G IoT収益、2025年までに80億ドル到達:付加価値プラットフォームサービスが市場の成長を促進

Juniper Researchから発行された当レポートによると、5G IoT接続からオペレーターが請求する総収益は、2020年の5億2,500万米ドルから2024年までに80億ドルに達することがわかり、今後5年間で1400%超の成長を遂げる見通しです。「IoTにおける5Gネットワーク:市場分析 & 影響評価 (2020-2025年)」では、自動車およびスマートシティ部門が今後5年間の5G採用の主要な成長要因になると特定しています。

当レポートは、これらの5G接続から発生する収益は、事業者にとって非常に人気の高い新たな収益源になると予想しています。また、そのためには、5G IoT接続が現行IoTテクノロジーからの既存オペレーター接続収益を減らさない新しい接続と見なされる必要があると予測しています。

【鍵を握るオペレーター向け5G付加価値サービス】

当調査では、IoTサービスユーザーが5G接続を管理できるようにするため、包括的な付加価値サービスの開発をオペレーターに促しています。ネットワークスライシングやマルチアクセスエッジコンピューティングソリューションなどのツールは、最も支出の多いIoTサービスユーザーに5Gネットワークを使用してもらうためには不可欠であると予測しています。

Juniper Researchは、付加価値サービスが自動車およびスマートシティ部門で重要になると予測しています。また、すべての5G IoT接続のうち、これらの部門は、2025年までに70%を占め、5G接続の普及を加速する5Gのデバイスサポートレベルが予想よりも高くなると予測しています。

【新たな収益ストリームの最大化】

この調査では、IoT部門にいて5G接続の初期における高価格設定が、価値の高いIoTユーザー以外を躊躇させると主張しています。そのため、IoT機能のために5Gネットワークの拡張機能を補完する総合的なネットワーク管理ツールを展開するようオペレーターに促しています。

Juniper Research のAndrew Knighton氏は、次のように指摘しています。「新たに有効になったサービス管理ツールは、大規模な展開を管理するユーザーにとって重要です。 5G接続のうち、IoTに起因するのは5%のみと考えられていますが、これらは新たに有効になった接続であるため、5G投資のリターンを確保するために不可欠であるとオペレーターは見なす必要があります。」

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]