デジタルコマースの世界市場:新興市場が牽引、2024年までに取引数は1.1兆件超へ

【取引件数は今後5年間で73%成長見込み】

Juniper Researchによると、2019年に6,410億件だったデジタルコマース取引数は、2024年までに1.1兆件を上回ると予測されています。

当レポートでは、先進市場より新興市場がデジタルコマース増加の原動力になるだろうと予測しています。また、QRコード決済システムの展開と新興国の現金の移動により、北米および西ヨーロッパ以外の市場が2024年にデジタルコマースの総取引量の77%を占めることがわかりました。この調査は、サービスの展開を促進するために、または地元のフィンテックが打ち負かされるリスクを回避するために、確立されたフィンテックが主要な利害関係者とできるだけ早く地元のパートナーシップを求めることを推奨しています。

【中国を超えて拡大するQRコード決済】

今回の調査では、QRコード決済は今後5年間で最も多く使用されるデジタルコマースメカニズムであり、2024年には総デジタルコマーストランザクションの27%を占めることがわかりました。 また、中国以外でQRコード決済の人気が高まり、2024年には世界のQR決済の4分の1以上を占めると予測されています。

当レポートの執筆者ニック・メイナード氏は次のように説明しています。「QR決済は、根本的に新興国での使用に適しているため、今後人気が高まるでしょう。インフラストラクチャの要件が低いため、QRコードは以前の現金ベース経済のデジタル化に最適であり、QR的アプローチは、新しい市場を求める既存の金融関係者にとって不可欠です。」

【アフリカと中東:デジタル商取引にとって非常に重要な戦場】

アフリカと中東のデジタルコマースは、送金を超えてサービスが急速に多様化しており、今後ますます重要になることがわかりました。今回の調査では、アフリカと中東に1兆米ドルのデジタルコマースの市場機会があり、次の重要な戦場になることが確認されています。Juniper Researchは、モバイルチャネルが市場開発に不可欠であると特定しました。つまり、モバイルネットワークオペレーターとのパートナーシップは、今後5年間で非常に有益である可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]