避妊薬市場、2030年に334億3,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

避妊薬の世界市場規模は、2022年に189億9,000万米ドルと推定されています。市場は2023年には202億9,000万米ドル規模に達し、2023年から2030年にかけて、7.32%のCAGRで成長し、2030年には334億3,000万米ドル規模に達すると予想されています。

COVID-19の累積的影響

COVID-19は、ほぼすべての産業に影響を与えた前例のない世界的な公衆衛生上の緊急事態であり、長期的な影響は予測期間中にさまざまな最終用途産業の成長に及ぶことが予想されています。

ロシアウクライナ紛争の累積的影響

ロシア・ウクライナ紛争による政治的・経済的な不確実性は今後も継続することが予想され、特に東欧、欧州連合、東・中央アジア、米国など世界的な悪影響が懸念されています。この紛争は、人々の生命と暮らしに深刻な影響を与え、貿易力学に広範囲な混乱をもたらすものです。

高インフレの累積的影響

先進国経済における高インフレは、過去2年間における全体的な物価高騰をその結果として引き起こしました。累積的に浸食される全体的な購買力は、発展途上国経済に大きな影響を与えることが予想され、多くの点で有益であると考えられています。

市場セグメント

ホルモンの種類に基づいて、市場は配合剤とプロゲスチン錠剤に細分化されています。

カテゴリーに基づいて、市場はブランド薬とジェネリック薬に細分化されています。

地域別では、アメリカ、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、中東・アフリカに区分されています。

市場の競合状況

避妊薬の世界市場における主要な企業としては、Abbvie Inc., Afaxys, Inc., Agile Therapeutics, Inc., Amneal Pharmaceuticals LLC, Aurobindo Pharma Limited, Bayer AG, Janssen Pharmaceuticals, Inc., Mayne Pharma Group Limited, Merck & Co. Inc., Mithra Pharmaceuticals, SA, Pfizer Inc., Piramal Pharma Solutions, Sanofi SA, Teva Pharmaceuticals Industries Ltd., TherapeuticsMD, Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]