レンジ調理器の市場規模、2030年に281億9000万米ドル到達予測

レンジ調理器の市場規模は、2022年の152億3000万米ドルから2023年に164億米ドルとし、その後CAGR 7.99%で成長し2030年には281億9000万米ドルに達すると予測されています。

COVID-19のインパクト

COVID-19は、ほぼすべての産業に影響を与えた前例のない公衆衛生上の緊急事態であり、長期的な影響は、今後、様々な最終用途産業の成長に反映されると思われます。この継続的な課題は、COVID-19の根本的な問題や先行きに関わっており、研究の枠組みを拡大しています。消費者行動と需要の変化、購買パターン、サプライチェーンの経路変更、市場勢力図、政府の介入を考慮して、COVID-19に関する洞察を深めます。

ロシア・ウクライナ紛争の影響

ロシア・ウクライナ紛争による、政治的・経済的な不確実性に対し、継続的に監視が必要とされています。東欧、欧州連合、東・中央アジア、米国を中心とした世界的悪影響が、人々の生命と生活に深刻な影響を与え、貿易力学の混乱を引き起こしています。東欧で進行中の戦争と不確実性の潜在的問題は、ウクライナとロシアに、長期的に厳しい影響を及ぼすと予想されます。

高インフレの影響

先進国における高インフレは、過去2年間に世界的な価格高騰をもたらしました。累積的に浸食される購買力は、発展途上国経済にも大きな影響を与えると予想されます。

タイプ別に、市場は、デュアルフューエルレンジ調理器、電気レンジ調理器、ガス/LPGレンジ調理器に分類されます。カテゴリー別に、市場は、自立型とスライドイン型に分類されます。バーナー数別に、市場は、シングル、ダブル、3つ、4つ、4つ以上に分類されます。サイズ別に、市場は、24インチ、30インチ、30インチ以上に分類されます。流通経路別に、市場は、オフラインとオンラインに分類されます。オフラインはさらに、ハイパーマーケットとスーパーマーケット、専門店に細分されます。オンラインは、企業所有のWebサイトとeコマースWebサイトに細分されます。用途別に、市場は、商業用と住宅用に分類されます。地域別に、市場は、アメリカ大陸、アジア太平洋地域、欧州、中東、アフリカに分類されます。アメリカ大陸はさらに、アルゼンチン、ブラジル、カナダ、メキシコ、米国に細分されます。

競合シナリオ

レンジ調理器市場の競争シナリオは、合併・買収、契約、コラボレーション、パートナーシップ、新製品発売・強化、投資・資金調達、受賞・表彰・拡張に分類された企業のプレスリリースやニュースで知る事ができます。収集されたニュースは、ベンダーが市場のギャップや競合の強みと弱みを理解するのに役立ち、製品やサービスを強化するための洞察を提供します。

企業プロファイル

レンジ調理器市場の主要ベンダーには、Carysil、Dacor、Frigidaire、GE Appliances、John Lewis、KAFF、LG Electronics、Monogram、Premier、RANGEMASTER、Samsung、Sigma、Stoves、Thermador、Viking、Whirlpoolなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]