移動ロボット市場、AMR技術が成熟し、倉庫やフルフィルメントセンター、倉庫管理向けロボット製造企業へ投資が集中

サンディエゴを拠点とするBrain社は、商業用ロボットのための自律性ソリューションを専門としています。AMR(自律走行搬送ロボット自律走行搬送ロボット)企業、特に電子商取引のフルフィルメント(通信販売などで、受注から配送までのプロセス全体)、工場、倉庫管理などで使用するロボットを製造している企業に、投資が集中しています。新型コロナウイルスの流行前にも強力な成長要因がありました。それは、AMR技術が成熟したことです。AMR技術は、従来よりもはるかに幅広い機能に進歩し、成熟しています。製品の取り扱いコストと効率の改善により従業員の生活の質を向上させています。そして今、これまで多くの業界を荒廃させてきたCOVID-19が、新たな大きな牽引役となることがはっきりしています。工場や倉庫での移動ロボットの普及は、労働力の効果的なソーシャルディスタンスを可能にし、人間労働への依存度を低くすることで、将来COVID-19と同様の事態への企業の耐性を高めると思われます。

急成長を遂げている、倉庫やフルフィルメントセンターでのAMRの導入は、労働者を置き換えるというよりも、労働者が不足しているという事実に後押しされています。アマゾンは、過去5年間で20万台の移動ロボットを倉庫に導入しましたが、労働力の規模は同様に増加しています。

自律型モバイルロボット時代の到来

2019年、Shopify社がチャックロボット(主にeコマースのフルフィルメントで使用するための、ヒト対モノAMR)のメーカーである6 River Systemsを4億5000万米ドルで買収しました。買収額は、6 River Systemsの2018年収益の60倍の金額に相当します。この高い価格により、チャックロボットの可能性が再認識され、2018年の200台から2020年には2000台のロボット配備が予測されています。数年間後には、同社の飛躍的な成長が期待されています。

現在の収益と比べるとAMR企業は過大評価されているように見えますが、投資家は大規模成長の可能性を認めて出資しています。これらの企業の多くは、今後数年間で収益が約10倍になると予想されています。

AMRへの投資パターン

AMRを購入する企業は通常、支払い方法として2つの選択肢を持っています。直接購入かリースになります。ほとんどのメーカーや物流企業は、機器を長期間保有することで総所有コストの削減を期待し、直接購入のオプションを選択します。しかし、スマートテクノロジーの急速な発展により、リース契約がもたらす柔軟性を好む企業が増えています。

AMR技術の恩恵

モバイルロボットの4つの主要なアプローチは、搬送、モノ対ヒト、ヒト対モノ、モバイルピッキングです。モノ対ヒトの技術は、圧倒的に多くの投資を集めています。これは、一般的に4つのソリューションの中で最も高価であることが理由の一つです。モノ対ヒト技術は、最も資本集約的であり、より多くのインフラの変更が必要です。通常は最低でも500万米ドルの大規模な投資が必要になります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]