進化するモーター駆動システムの予知保全市場、2024年までに9億610万米ドルに達する予測 スマートセンサー、ポータブルモニタリングデバイスなどが対象に

予知保全を実行する方法は急速に進化しており、その結果、予知保全を可能にする技術の市場の拡大が予測されます。モーター駆動システムの予知保全市場は、2024年までに9億610万米ドルに達し、2018年から2024年のCAGR 40.6%で成長すると予測されています。対象となる製品には、スマートセンサー、ポータブルモニタリングデバイス、予知保全専用のゲートウェイとソフトウェアが含まれます。これらすべての構成要素を1つのソリューションとして総合的に使用するサービスモデルが出現し、現代の予知保全市場を構成すると予測されています。

上記に加えて、Interact Analysis社では、モーター、ベアリングブロック、ギアボックス、ファン、ポンプ、コンプレッサーを含む回転機器の設置ベースモデルを作成しました。これらの機器は、予知保全が実行される中核的な存在と位置付けられるでしょう。これらの機器の世界的な設置数と、センサーの取り付け率を把握することで、新たな予知保全技術の機会を特定することができます。

Interact Analysis社は、最新かつ正確な市場規模予測のため、40時間以上に及ぶ一次調査のインタビューに加えて、全国の製造業調査からのデータや、他の調査分野で開発されたデータも活用しています。このデータは、インタビューから収集したデータと組み合わせて、推定値を作成する際のベースとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]