倉庫オートメーションの市場規模、2020年は推定5億米ドル減少も、急増している受注と延期されたプロジェクトとの複合効果により市場は成長

倉庫オートメーションの受注高の減少は、COVID-19パンデミックが市場に与えた影響を明らかにしています。COVID-19パンデミックによって引き起こされた試練にもかかわらず、現在に至るまでの詳細な数値は、同市場が全体として健全なセクターであることを示しています。

倉庫オートメーション市場の総収益は、2020年に5億米ドル減少すると予測されています。しかし、2018年から2024年の期間で、2020年は収益が唯一減少した年であり、その減少は比較的小さな落ち込みで済んでいます。2020年から2021年にかけて延期された多くのプロジェクトにより、2021年に再び大きな市場成長が見込まれます。これは、現在、倉庫オートメーション企業がフル稼働しており、それに合わせて独自の機能を急いで成長させているためです。さらに、現在1000人の新規従業員を採用したDematic社の例からもわかるように、多くの倉庫オートメーション企業で雇用が急増しています。受注の急増と2021年に延期されたプロジェクトとの複合効果により、多くのプロジェクトが2022年まで繰り越される事になります。2023年までに、市場の需要と供給が均衡に達し、全てが通常に戻ることは期待できません。これが、2023年の成長率が低く見える理由です。実際には「低い」のではなく、2021年と2022年が人為的に高くなった結果に過ぎないと言えます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]