「電動化、自律性、モビリティ」: 生き残りをかけ、3つのメガトレンドへの対応を迫られる自動車業界

当レポートでは、自動車の設計、試験、シミュレーションソリューションに焦点を当てています。この新しい市場セグメントは、製品ライフサイクル管理(PLM)などの従来のソフトウェア設計ツールと、テストソリューション、および自動運転車とその挙動のモデリングに使用される新しい高度なシミュレーションツールを組み合わせたものです。

Interact Analysisによると、世界の自動車設計・試験・シミュレーションソリューションの市場価値は、2018年に51億米ドルに達し、2023年には86億米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR11%で成長する見込みです。

同市場の成長が世界の自動車市場の主要な変化と同時に起きる背景に、消費者の傾向や規制の大幅な変更に対応しようとするOEMの姿勢があります。当レポートでは、3つのメガトレンド「電動化、自律性、モビリティ」が、いかに出現し、原材料サプライヤーからアフターマーケットサービスセンターを含む自動車業界全体が戦略、製品、未来の再考を余儀なくされているかについて説明しています。

当レポートによると、OEMは自動車の製造や修理など、従来利益源とされていた分野で大きなプレッシャーに直面しています。代わりに、設計プロセスを高速化し、製品を以前よりもはるかに迅速に市場へ投入するためのシミュレーションの活用を検討しています。これは、一部には、従来のプロセス、コストのかかる製造施設、または株主の監視による制約を受けない新しいタイプのOEMによるものです。

自動車メーカーは、設計プロセスを高速化し、より成功したアプローチの実現のため、ますますシミュレーションに目を向けています。 Interact Analysisによると、主なアプローチは2つあります。1つ目は、物理的プロトタイプとテストの必要性を減らすため、シミュレーションを使用する方法です。2つ目は、設計プロセスの早期段階でシミュレーションを導入し、最初から最終的な製品を制約し、より明確にする方法です。

Interact Analysisのリサーチディレクターで、当レポートの著者であるAlastair Hayfield氏は次のように述べています。「自動車が“重金属”製品と見なされる時代は今や過去になりました。今、車の価値の大部分を占めるのは電気であり、車両の機能を制御するために使用されるソフトウェアは、人間がこれまでに開発した中で最も複雑なものです。

設計と機能面におけるこの段階的な変更は、ハイテク産業からの新規市場参入者を引き付け、その結果、既存のプレーヤーに生産能力の向上と迅速化という新たなプレッシャーを突きつけました。

自動化ソリューションへの投資は、そのギャップを埋める手立てとなるでしょう。たとえば、シミュレーションを採用しているOEMおよびサプライヤーは、開発コストを削減し、市場投入までの時間を短縮できるようになるはずです。

私たちの研究は、1つの重要なトレンドを示しています。つまり、自動車産業は大改革の真っただ中にあり、自動車の設計、試験、シミュレーションソリューションは、市場シェアを獲得するための重要な武器となることを証明するでしょう。」

自動車の設計・試験・シミュレーションソリューション
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]