産業用ロボットの世界市場動向:2019年は停滞するも長期的にはプラス成長の見通し(Interact Analysis発行レポートより)

「産業用ロボットの世界市場:2019年」では、世界経済の減速、貿易戦争、世界の自動車産業の不確実性など、セクター内の成長に逆風を吹かせてきた特定の要因について詳しく説明しています。産業用ロボット関連の収益が20%増加した2017年と比べ、2019年は4.3%の減退が予測され、懸念が広がりました。

急速な短期的収益の減退はあるものの、産業用ロボットセクターがプラス成長を遂げる理由をInteract AnalysisのリサーチディレクターJan Zhang氏は、次のように説明しています。

「自動車およびスマートフォン製造の減少が2019年の失速に大きく影響を及ぼしています。産業用ロボットのエンドユーザーのうち、最大の収益シェアにあたる30%超を占めるため、この2つの分野におけるいかなる低迷は常にオートメーションとロボットへの投資に直結するものの、楽観できる理由があります。それは、産業用ロボットとオートメーション双方において、市場の長期的な成長促進因子が堅調を維持するからです。成長は2020年から上向きに転じ、2021年からは新規業界への応用、低価格化、そしてユースケースの広がりによりさらに加速するでしょう」

当レポートの調査結果は、主要なロボット企業、革新的なロボットスタートアップ、システムインテグレーター、コンポーネントサプライヤーといった幅広い対象へのインタビューに基づいており、市場の成長を促進する新しいタイプのロボットの重要性に重点を置いています。特に、人と共に働くコボット(コラボレーティブロボット/協働ロボット)は、過去にロボットを使用してこなかった料飲、物流、梱包、ライフサイエンス業界などで積極的に導入されている傾向にあります。

「これらの産業の成長は、自動車産業の減退を完全に補うことはできないものの、市場の将来を楽観的視できる正当な理由となる」とJan氏は指摘しています。

当レポートの調査結果で注目すべきは、2019年に中国が世界の産業用ロボット市場に与えた影響です。日本は依然として産業用ロボットの最大の生産国であり、総生産の推定45%を占めていますが、中国における生産能力と生産量は著しい伸びを見せています。これは、中国ベンダーの市場参入やABB、ファナック、KUKA、安川電機など従来の産業大手による対内投資といった数多くの要因に起因していると考えられます。

「もし産業用ロボットの収益成長の停滞が事実であれば、その理由は明らかですが、大部分はベンダーにとってコントロール不能です。しかしながら、業界は多様化しています。将来の著しい成長に向け、いまは産業用ロボットが活躍するエキサイティングなスペースの基盤を整えている段階です」とJan氏は述べています。

産業用ロボットの世界市場動向 2017-2023年グラフ
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]