オフハイウェイ車用電動化コンポーネントの市場規模、2030年に250億米ドル到達予測

オフハイウェイ車用電動コンポーネント市場、2030年までに150%の成長見込み

オフハイウェイ車市場では、ロードビークル分野とは異なり、フォークリフトから大型ダンプトラックまで、多様な機器が存在しています。オフハイウェイ車は画一的な用途のグループを形成しておらず、各車種ともロードビークルに比べて顧客数が比較的少ないのが特徴です。このことは、オフハイウェイ車のOEMや関連部品メーカーにとって、オンロード車のようなスケールメリットを得ることが非常に困難であることを意味しており、オフハイウェイ車の電動化を考える上で重要な要素となります。車両の大きさや必要な電力、充電インフラ、負荷サイクルの幅広さや強さ、充電のための停止時間の長さなどの障壁により、オフハイウェイ車の電動化は遅々として進んでいません。それでも、ほぼすべてのOEMメーカーが何らかの形で電動化されたオフハイウェイ車を生産しており、電動化に付随した部品の市場は成長すると予測されています。しかし、オフハイウェイ車における電動化パワートレイン市場の成功は、購入コストや燃料消費の問題だけで決まるわけではありません。環境面でのメリットはもちろんのこと、より優れた性能、制御性と柔軟性、メンテナンスコストの削減なども重要な検討事項となります。

フォークリフト部門が引き続き電動化をリード、その他用途の機器もシェア拡大中

オフハイウェイ車の電動化コンポーネントの市場規模は、2020年の約100億米ドルから2030年には250億米ドルになり、2019年から2030年までの総売上高はCAGR8%で増加し、1,860億米ドルに達すると予測されています。フォークリフトは、電動化において最も成熟した市場であり、現在、電動化コンポーネントの売上の大部分を占めています。ショベルカーやトラクターなど他の用途の新たな電動化技術の登場も、期待されています。

オフハイウェイ車用の2つの電動化技術ソリューション:ハイブリッド化と車載充電

最大の収益機会をもたらすと予測される3つの電動化コンポーネントセグメントは、バッテリーパック、インバーター、モーターです。バッテリーの価格設定は、すべての電化製品市場にとって大きな意味を持ちます。現在、オフハイウェイ車用のバッテリーのKWhあたりの価格は、1ワットあたり350〜500米ドルで、一般車両用の同種のバッテリーの2〜3倍になっています。その理由は2つあり、オフロード用電動部品の製造は規模が少ないことと、もう一つは、オフハイウェイ車用バッテリーのパッケージや形状が、特に建設機械や鉱山機械では特殊であるということです。しかし、今後、バッテリーの価格は年率7〜10%で下落すると予想されています。主要なパワートレインは伝統的にICEで駆動されているものの、オフハイウェイ車のハイブリッド化の傾向を反映して、補助的な機能は電気で駆動されているため、作業機能インバーター市場はトラクションインバーター市場よりも急速に成長すると予想されます。

燃料電池のオフハイウェイ車市場への普及は遅れても、収益性に期待

モーター分野では、Permanent Magnet Motorの収益が最も高くなると予測しています。一方、燃料電池は、オフハイウェイ車市場への普及は遅れそうですが、燃料電池システムや水素貯蔵タンクの価格が高いため、実際の収益は相当なものになると思われます。燃料電池には、エネルギー含有量が高く、高強度の連続運転が可能であることや、リチウムイオン電池の充電時間に比べて1〜3分という短時間での水素化が可能であることなど、魅力的な利点があります。しかし、水素を安全に輸送するためのインフラやロジスティックスの確立が、今後の課題となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]