非PVC製IVバッグ市場、2028年に2億6,535万米ドル規模到達見込み

市場の概要

非PVC製IVバッグ市場は、2021年から2028年の間に7.23%のCAGRで成長し、2028年には2億6,535万米ドルに達すると予想されています。

非PVC製IVバッグは、ポリ塩化ビニルを採用せずにガラスよりも割れにくく、軽いのが特徴です。また、化学療法やターゲットドラッグデリバリーなどのオンコロジー治療では、非PVC製IVバッグの需要は大きいです。残念ながら、これらの治療薬の多くは可塑剤との相互作用の影響を受けやすく、有害な薬剤に変化しやすいです。

市場の成長要因

世界の非PVC製IVバッグ市場の成長を促進する主な要因は以下の通りです。

・非PVC製IVバッグの環境に優しい性質

・非経口栄養の使用に影響を与える癌の蔓延

癌などの慢性疾患の増加は、非経口栄養に影響を与えます。

非経口栄養は重要な栄養素の投与に役立つため、予測期間中に非PVC製IVバッグの需要が増加すると考えられます。

・出生率および出生率の推移

市場の阻害要因

世界の非PVC製IVバッグ市場の成長を阻害する主な要因は以下の通りです。

・フタル酸エステル類の使用や輸液の製造工程に関連する厳格な規制

・非PVC製IVバッグのコスト高

非PVC製IVバッグは環境に優しく、硬くならず、PVC製品よりも耐久性に優れています。

これらの利点により、非PVC製IVバッグは、PVC製の代替製品と比較してコストが高くなります。

製品別の市場区分

・シングルチャンバー

シングルチャンバーは、最も収益性の高い製品です。

シングルチャンバーバッグは、ドリップバッグ、灌漑液、滅菌水など多用途で使用されています。

・マルチチャンバー

マルチチャンバーは最も成長している製品です。

マルチチャンバーバッグは非経口栄養システムに使用されます。

地域別の市場区分

地理的には、世界の非PVC製IVバッグ市場は、以下の4つの主要地域に基づいて区分されています。

・北米:米国およびカナダ

北米は、医療技術へのアクセスが容易で、強力な流通チャネルを持つことから、非PVC製IVバッグの世界市場で最大の収益シェアを占めています。

また、規制の枠組みが整っていることも、この地域での非PVC製IVバッグの採用に貢献しています。

・ヨーロッパ:イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、ベルギー、ロシア、ポーランド、その他のヨーロッパ諸国

・アジア太平洋地域:日本、中国、オーストラリア・ニュージーランド、インド、韓国、マレーシア、インドネシア、シンガポール、その他のアジア太平洋地域

アジア太平洋地域は、世界の非PVC製IVバッグ市場の中で最も急速に成長している地域です。

アジア太平洋地域では、人口の高齢化、慢性疾患の増加、医療費の高騰などを背景に、医療用特殊バッグの需要が高まっており、コスト効率が高く安全性の高いPVC製IVバッグの代替品が市場を牽引しています。

・その他の地域:ラテンアメリカ、中東、アフリカ

市場の競合状況

非PVC製IVバッグの世界市場における主要プレイヤーは以下の通りです。

・バクスター・インターナショナル・インク

・B Braun Melsungen AG

・フレゼニウス・カビ

・クレイトンコーポレーション

・ファイザー・インク

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]