プレミアム植物性代替食品への需要高まる:ソーシャルメディアの影響も追い風

環境と動物福祉への有害な影響のために集約的な畜産業に反対する人達がいます。その結果、動物性食品の消費を制限または禁止する食事療法に人気が集まっており、代替肉市場の拡大が予想されます。COVID-19の流行で消費者の健康意識が高まり、従来の肉の消費パターンに大きな影響を及ぼしています。植物由来の商品需要に影響を与える主な理由に、ビーガン食の利点に消費者の知識が高まっていることが挙げられます。さらに、コレステロールのないタンパク質に関連する健康上の利点にも注目が集まっています。

消費者の食の選択肢は、世界規模で大きく変化しています。人々は健康的なライフスタイルを維持することの重要性を意識するようになり、バランスの取れたタンパク質の摂取方法を選択するようになっています。Z世代やミレニアル世代の人々が、環境への影響という観点から強化されたパッケージングを支持している事が明らかになっています。健康を重視する人々の需要は、食肉代替食品の市場シェアを拡大する可能性があります。さらに、赤身肉の消費によってもたらされる糖尿病、癌、心血管疾患のリスクの増加は、植物性タンパク質を使用した食事の消費をさらに促進することになります。一方、肉の色や風味を出すことの難しさが、市場の拡大を抑制する可能性があります。

アジア太平洋地域の代替肉市場は、2028年まで大きく成長すると予想されます。同地域のシェアの大半は、中国やオーストラリアといった国々が占めています。ソーシャルメディアの影響と健康意識の高まりにより、様々な国でこれらのアイテムの使用率が上昇しています。人々の食生活がより植物ベースになり、動物性タンパク質に偏らないようになったことで、プレミアム植物性代替食品への需要が高まっています。それ以前は、高品質のベジタリアンおよびビーガン向け代替品の選択肢はそれほど多くなく、あるとしても不健康に加工された成分で製造されている場合がありました。

肉代替品市場は、供給元、流通経路別に分類されます。供給元別に、市場は、植物性タンパク質、マイコプロテイン、大豆ベース、その他などに細分されます。流通経路別に、市場は、外食産業、小売業などに細分されます。

同市場に関わる企業には、Ingredion Incorporated、The Archer-Daniels-Midland 、Batory Foods、Tyson Foods、Sunfed、VBites、Meatless、Unilever、The Kellogg、Quornなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]