漢方薬市場、ターメリック人気高まる:抗炎症作用から、サプリメントや薬用として利用

漢方薬市場は2022年から2028年の間に著しいCAGRで成長すると予測されています。

市場の洞察

漢方薬は、葉、根、花などの植物組織から有効成分を抽出した医薬品です。天然物であっても、必ずしも安全に使用できるとは限らないため、患者は大きな処置や手術、その他の健康上の懸念を抱く時には、服用している漢方薬について必ず医師に知らせることが推奨されています。漢方薬はドラッグストアで購入する際にも注意が必要になります。免疫力を向上させるアイテムとして広く知られていますが、その摂取に関連し、重度のアレルギー反応を含む副作用や病気などいくつかの問題が指摘されています。

漢方薬は、西洋医学の副作用とその代替として人々が認識するようになったため、その需要は増加しています。慢性疾患の蔓延と相まって人口が拡大していることも、市場成長に影響を与える要因です。アーユルヴェーダやウナニの教えに基づく漢方薬の需要が高まっていることも、市場拡大に拍車をかけています。連邦政府がこれらのアイテムの使用を奨励するために投資を増やしていることも、市場にさらなる影響を及ぼしています。漢方薬は、また、医療費の増加、インフラの改善、拡大した医療提供の強い需要からも恩恵を受けています。しかし、規制当局の注力不足が市場の成長率を鈍化させるとも考えられています。また、漢方薬に関する知識が乏しいことも、市場の拡大を抑制する要因となっています。

漢方薬市場

世界最大の化粧品産業は欧州にあり、発展途上国からの新規参入に有望な機会を提供すると予想されます。パーソナルケアやビューティーグッズの市場では、天然成分への需要が同時に高まっており、この傾向は今後も続くと予測されます。このため、欧州各国の需要拡大が予想され、市場成長に大きく貢献するものと思われます。欧州の健康食品市場では、抗炎症作用や抗酸化作用があることから、ターメリックの人気が高まっており、免疫力や消化力、健康全般を強化するためのサプリメントや薬用グッズとして利用されています。

対象セグメント

漢方薬市場は、供給元、用途、製剤タイプ、流通チャネルなどに分類されます。供給元別に、市場は、樹皮、葉、根、その他に細分されます。用途別に、市場は、食品および飲料、医薬品、その他に細分されます。製剤タイプ別に、市場は、シロップ、粉末、カプセルと錠剤、その他に細分されます。流通経路別に、市場は、病院薬局、小売薬局、オンライン薬局、その他に細部されます。

市場の参加企業には、Baye、Schaper & Brümmer、Venus Pharma、Himalaya Global Holdings、Arkopharma、Hishimo Pharmaceuticals、Arizona Natural、Blackmores、BEOVITA、Patanjali Ayurvedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]