医療向けビッグデータアナリティクス市場、2022年~2028年までCAGR13%で成長予測

医療向けビッグデータアナリティクスの市場は、2022年から2028年までCAGR13%で成長すると予測されています。市場は2028年に760億米ドル規模に到達する見込みです。

ビッグデータアナリティクスは、初期段階で重大な病気を検出し、患者に適切なタイミングでより良い医療サービスを提供し、生活の質を向上させるなどの方法で医療分野に多くの利益をもたらしています。ビッグデータアナリティクスツールは、臨床、病院、その他のソーシャルウェブソース、医療データレイクなどから大量に生み出される構造化、半構造化、非構造化バイタルデータを分析・統合するために重要な役割を担っています。デジタル技術の革新とテクノロジーの進歩は、従来のデータ配信の方法を、ビッグデータアナリティクスの手法を用いた価値ある洞察へと移行させています。ビッグデータヘルスケアにより、死亡の回避、生活の質の向上、公衆衛生の効果的な監視、教育的な政策の意思決定などの利点があります。

医療機関は、患者に最高のサービスを提供するために、ビッグデータアナリティクス技術を活用することに注力しています。市民の健康は、医療業界の医療機関にとって重要です。人口の健康の予測分析が必要であり、需要が増加しているため、予測期間中にビッグデータ分析の実施を強化、ヘルスケア市場のビッグデータ分析の市場成長を推進する見込みです。ケアマネジメントの改善、初期疾病要因の予測、入院プロセスに対する需要の高まりは、将来的に医療向けビッグデータアナリティクスの市場の成長を後押しすると予想されます。保存されている顧客データに対するデータ損失やサイバー攻撃のインシデントが業界全体で増加していることが、市場の成長を阻害しています。データは高いセキュリティで扱う必要があります。市場ではクラウドベースの分析ソリューションへの傾倒が高まっており、予測期間中に市場拡大のための有利な機会を提供することが期待されます。

地域別では、北米が世界のヘルスケア分野のビッグデータアナリティクス市場で最大のシェアを占めています。情報の収集と分析を容易にする新技術の早期導入が、同地域におけるヘルスケア分野の成長に寄与しています。さらに、この地域は膨大な数の患者情報を持っています。そのため、製薬会社はデータを容易に分析するために、長年の研究開発データを医療データベースに蓄積しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]