自動錠剤分包機の市場、2022年~2028年までCAGR9%で成長予測

自動錠剤分包機の市場は、2022年から2028年までCAGR9%で成長すると予測されています。市場は2028年に40億米ドル規模に到達する見込みです。

多くの薬局では、生産性を向上させ、顧客体験を強化するために先進技術を採用しています。自動錠剤分包機は、薬局が効率向上のために採用している先端技術の1つです。自動錠剤分包機は、コンピューター制御の薬剤分配システムで、薬剤の保管、調剤、包装、ラベリング、および追跡を行うものです。

自動錠剤分包機は、小売薬局、診療所、病院、POC(ポイント・オブ・ケア)設定、その他で使用されています。また、自動錠剤分注装置は医薬品情報システムと統合され、サービス提供者の業務を改善します。また、自動錠剤分包機は、財務業務の収集、管理、維持、請求事務の軽減に使用されます。自動錠剤分包機は時間がかからないため、薬局と看護スタッフ間の衝突を防ぎ、患者の快適性とケアの向上をもたらします。

自動錠剤分包機には、ユーザーフレンドリーであること、セキュリティ、薬の分配に安全であること、時間がかからないこと、コンピューター制御で保管できることなどの利点があります。自動錠剤分包機の利点は、主に市場の成長を後押ししています。また、自動化された使いやすい薬局管理システムに対する需要の高まりは、自動錠剤分包機市場の成長を増大させると予想されます。

多くの病院や医療機関は、全体的な効率性と生産性を向上させるために、効果的な管理システムの導入に注力しています。病院や薬局、介護施設などでの自動化システムの採用が進んでいることは、自動錠剤分包機市場の成長を後押しすると予想されます。しかし、自動錠剤分包機によるエラーの発生は、市場成長の妨げになる見込みです。しかしながら、自動化システムの技術的進歩による効率性の向上、医療在庫の削減、キャッシュフローの改善は、自動錠剤分包機の市場参加企業に成長機会をもたらす予測です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]