シングルセルマルチオミクス市場、2022年~2027年までCAGR18%で成長予測

シングルセルマルチオミクス市場は、2022年から2028年までCAGR18%で成長すると予測されています。市場は2028年に95億米ドル規模に到達する見込みです。

シングルセルマルチオミクス技術は、同じ個々の細胞から複数の種類の分子を取り出し、別々の細胞から各分子層を分析することで、より深い生物学的洞察を可能にするものです。シングルセルマルチオミクス技術を使用することで、同じ細胞から複数のモダリティを測定することができます。

さらに、DNAメチル化、クロマチンアクセシビリティ、RNA発現、タンパク質存在量、遺伝子摂動、空間情報などのプロセスを用いて測定することが可能です。個々のオミックスデータは、分子の相互作用を理解するための統合的な技術によって、順次または同時に結合されます。これらのシングルセルシーケンス技術は、遺伝子型と表現型に分類され、いずれも病気や健康を支配するメカニズムの解明に役立ちます。

さらに、シングルセルマルチオミクスは、腫瘍学、細胞生物学、神経学、幹細胞、免疫学などの分野にも応用されています。シングルセルマルチオミクスは、ウイルス生物学やウイルスと宿主細胞の相互作用を解読するための非常に大きな可能性を持っているため、ウイルス学で用いられる強力なツールです。このようなウイルス学は、今後より頻繁に利用されるようになるでしょう。

シングルセル解析製品の技術的進歩、およびシングルセルRNAシーケンスを活用した大規模ゲノミクス研究の増加が、予測期間中の市場成長を促進する主要因となっています。新興国における可処分所得の増加や、遺伝性疾患のスクリーニングや診断における個別化医療の採用が進んでいることも、シングルセルマルチオミクス市場の成長を後押ししています。

分離・分析を容易にする新しい単一細胞プラットフォームにより、単一細胞ゲノミクス分野への研究者の関心が高まっており、技術の潜在的発展性と限界の両方が急速に発展しつつあります。技術的進歩は、予測期間中の市場成長を促進する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]