ナースコールシステム市場、2022年~2028年までCAGR10.64%で成長予測

ナースコールシステム市場は、2022年から2028年までCAGR10.64%で成長すると予測されています。市場は2028年に★米ドル規模に到達する見込みです。

ナースコールシステムや機器は、病院や老人ホームでコミュニケーションのために使用されています。患者が介護者に警告を発したり、連絡を取ったりするために使用する機器です。患者にはナースコールボタンがあり、ボタンを押すだけで救助や援助を求めることができます。作業者はナースコールシステムを使用して作業量を管理します。ナースコールシステムにより、患者は即時かつタイムリーなケアにアクセスすることが可能です。特に緊急時には、医療従事者がベッドにいる患者の部屋と人数を正確にアラートで知らせることができ、スタッフにとって事態をよりスムーズにすることができます。

老年人口の増加は、主にナースコールシステム市場の成長を牽引しています。2020年7月15日の人口参考局レポート「Aging in the United States」によると、65歳以上のアメリカ人の数は2018年の5,200万人から2060年には9,500万人を超え、16%から約23%に増加すると予測されています。

患者の医療費の増加や、より良い医療施設に対する需要が市場の成長に寄与しています。ナースコールシステム機器の進歩や新製品の発売が、市場の成長に寄与すると予想されます。病院数の増加が市場成長の原動力となっています。

インターウィーブヘルスケアのレポートによると、2022年10月の英国の病院数は1,229病院であり、これにはNHSトラスト管理の病院と現在稼働中の追加の私立病院が含まれています。ナースコールシステムの導入コストは比較的高く、予測期間中の市場成長の妨げになる可能性があります。

インド、中国、ブラジル、ロシアなどの新興国や、中南米、東南アジアの数カ国は、予測期間中にナースコールシステム市場で活動するプレーヤーに大きな成長機会を提供すると期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]