デジタル署名の市場、2022年~2028年までCAGR30%で成長予測

デジタル署名市場は、2022年から2028年までCAGR30%で成長すると予測されています。市場は2028年に170億米ドル規模に到達する見込みです。

デジタル署名に関連するセキュリティの強化やワークフローの整理が、市場の成長を後押ししています。患者の同意書、裁判文書、記録、契約書、資金管理文書、政策、請求などの分野でデジタル文書の検証の必要性が高まっていることが、業界の成長を強化する見込みです。

この技術に基づく生体認証コンポーネントがBFSIセクターで広く受け入れられていることが、デジタル署名市場の成長を牽引しています。技術を生体認証システムに使用することは、ユーザーの署名のユニークな特徴により、識別および認証手続きにおいて最も安全な方法です。政府による業界向けの啓発プログラムなどの取り組みにより、デジタル署名の合法性に関する消費者の認識が高まると予想されます。

医療従事者の署名や紙ベースの処方箋の認証は、医師から病院のサーバー、患者の薬局へとデジタルで転送することができます。しかし、デジタル署名生成の技術に一貫性がないことが、予測期間中のデジタル署名市場の成長を抑制する可能性があります。確定申告や銀行での預金・クレジット口座の開設、保険加入などにオンラインフォームを利用する習慣が定着したことで、デジタル署名を含むデジタル技術に対する需要が高まっています。

このような背景から、デジタル署名の世界市場では、主要な企業に成長機会がもたらされています。一方、タブレット端末やスマートフォンの普及により、全世界で70億台以上のモバイルデバイスが存在し、オープンスタンダードのクラウドベースの電子署名に今後数年にわたる大きなビジネスチャンスを提供しています。ブロックチェーンなどの新技術の出現は、成長機会を提供します。

地域別では、北米が電子署名市場を支配しています。デジタル署名市場の成長は、米国やカナダなどの国々における規則や規制の整備、金融・法律サービス企業の成長によるものです。アジア太平洋地域では、洗練された医療組織が、この技術に基づく署名の需要を高めています。信頼性の高い安全な取引やデジタルネットワーク上でのユーザーIDの検証に対するニーズの高まりが、欧州での電子署名の採用を促進している予想です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]