防水膜の市場、2022年~2028年までCAGR8%で成長予測

防水膜の市場は、2022年から2028年までCAGR8%で成長すると予測されています。市場は2028年に350億米ドル規模に到達する見込みです。

防水膜は、水とその上に置かれた他の材料との接触による腐食や摩耗を防ぐために利用される材料の薄いコーティングです。接着剤に含まれる防水膜は、基本的に保護する必要がある素材の表面に敷かれます。コンクリートの構造的な完全性を高め、水との接触を防ぐためにコンクリートを覆う防水膜の利用が増加しています。水中で使用され、腐食が事前に問題となる製品にも塗布されます。防水膜は、商業ビルや住宅の屋根の耐久性と強度を高めるために使用されています。

インフラ開発、都市化、経済成長が予測期間中の市場成長を促進します。インフラの開発は、中低所得国の経済を発展途上国へと変化させる道です。先進国での継続的な開発と発展途上国での急速な都市化が、インフラへの支出の主な成長要因となっています。インフラ支出の増加は、公共および民間セクターのインフラ開発に対する膨大な需要を直接的に増加させます。

インフラには、電力網、給水・処理施設、発電所、空港、道路、橋梁、通信網、病院、鉄道、学校などが含まれます。建設分野では、軽量で耐久性があり、高性能で耐摩耗性に優れた高機能な防水膜が求められています。このような要因が、市場の成長を促進し、継続させることになりました。

環境に優しい防水剤の開発は、市場に機会をもたらすでしょう。屋上緑化の増加も市場の成長を支える見込みです。しかし、防水膜は雨漏りの原因になったり、気候の変化で割れたりする可能性があります。冬場は硬くなり、夏場は飛散してひび割れにつながる恐れもあります。これらの要因は、予測期間中の市場成長を阻害するでしょう。

地域別に見ると、防水膜市場は、アジア太平洋地域、北米、欧州、中東・アフリカに区分されます。北米は防水膜市場で大きなシェアを占めています。カナダや米国では、上水道や下水道などのインフラ整備への需要が高まっており、北米地域の市場成長を促進します。米国議会は、全国の学校、家庭、保育所、企業のための清潔な飲料水へのアクセスを拡大するために550億米ドルを投資する予定です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]