次世代シーケンシング技術の市場、2022年~2028年までCAGR13%で成長予測

次世代シーケンシング技術市場は、2022年から2028年までCAGR13%で成長すると予測されています。市場は2028年に160億米ドル規模に到達する見込みです。

従来の技術(マイクロアレイなど)を置き換える効率性と、NGS技術を必要とする創薬アプリケーションの増加が、今後数年間の市場成長を促進すると予想されます。複数の市場関係者がこの技術による投薬の開発で重要な役割を果たしています。

一例として、2022年1月、イルミナ・インクとヴァンダービルト大学医療センターの子会社であるNashville Biosciences LLCは、大規模ゲノム解析による医薬品開発を後押しするため、イルミナの次世代シーケンス(NGS)プラットフォームを用いた傑出した臨床ゲノムリソースを確立する契約を締結しました。大学、学術研究機関、研究施設が、疾患の基礎的理由の特定にWGS技術を活用するための数多くのイニシアティブをとっていることも、予測期間中の市場成長を強化する見込みです。

臨床診断におけるNGS技術の利用の急増、このシーケンス法のスピード、コスト、精度などの要因が、市場成長に拍車をかけると思われます。2020年1月、米国では、Intelligence Advanced Research Projects Activityがブロード研究所と大学、DNA Scriptに2,300万米ドルを提供しました。この組織は、約4年間、酵素的DNA合成技術とNGSを1つの機器に混合する可能性を探るために共同で取り組んでいます。このような開発により、NGSを革新の基盤とする臨床研究や組織の進歩が促進されることが期待されます。感染症や癌のタイムリーな検出に対する需要の高まりは、次世代シーケンシング市場の成長を促進する予想です。

疾患が初期段階で発見されれば、治療が成功する確率が高まります。市場の成長を促進する最も重要な要因は、髄膜炎菌や結核などの感染症や癌の頻度が増加していることです。次世代シーケンシングは、多因子性および単因子性の心血管疾患の解析に広く使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]