eラーニング市場、2022年~2028年までCAGR17%で成長予測

eラーニング市場は、2022年から2028年までCAGR17%で成長すると予測されています。市場は2028年に約6億8,000万米ドル規模に到達する見込みです。

eラーニングは、ビデオ、オーディオ、電子書籍、AR/VRなどの電子的なモードを通じて学生に知識を提供するモードです。eラーニングは、教育コストの削減や専門的なコースの学習など、学生にメリットを提供します。通信・ブロードバンド分野の拡大により、経済的なインターネット接続プランへのアクセスが増加しました。

国際電気通信連合(ITU)によると、2019年の41億人に対し、2021年には全世界で約49億人がインターネットを利用するようになりました。インターネット利用者の増加に伴い、より多くの人がeラーニングプラットフォームにアクセスしてコースを学んだり、学位を取得したりすることができるようになると考えられます。また、eラーニングは従業員のパフォーマンスを向上させるため、大半の組織で不可欠なものとなっています。

予測期間において、北米は最も高い市場シェアでeラーニング市場を支配すると予想されます。さらに、R&Dイニシアティブへの多額の投資、技術的な拡張、この地域に存在する大手企業の存在は、北米の市場の成長を推進します。ユネスコによると、世界の研究開発費は過去最高の約1兆7,000米億米ドルに達し、研究開発費の80%は約10カ国で占められています。

アジア太平洋地域のeラーニング市場規模は、教育システムの発展により、2028年まで約27%のCAGRを達成すると予測されています。政府当局はデジタルインフラへの移行により、学生に世界レベルの教育を提供することに注力しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]