ビジュアライゼーションおよび3Dレンダリングソフトウェア市場、2022年~2028年までCAGR20%で成長予測

ビジュアライゼーションおよび3Dレンダリングソフトウェアの市場は、2022年から2028年までCAGR約20%で成長すると予測されています。市場は2028年に70億米ドル規模に到達する見込みです。

3Dレンダリングソフトウェアは、コンピュータソフトウェアによってモデルから画像を生成するプロセスです。レンダリングは、建築、シミュレーター、ビデオゲーム、映画やテレビの視覚効果、デザインの視覚化などで使用されています。Sketchup、Blender、Auto-Cad、Rhinoなどの有名なソフトウェアツールは、デザイナーが産業、不動産分野、メディア、エンターテイメント産業などの分野に革新的なデザインを提供するのに役立ちます。このような製品の設計とモデリング、アニメーション、および可視化とシミュレーションなどのアプリケーションのためのソフトウェアの利用は、市場の成長をエスカレートさせます。リアルタイムマーケティング、製品設計、トレーニングなどのアプリケーションのような機能は、予測期間中に市場の需要と成長を増加させるでしょう。

コストと時間の管理、リアルなメディアへのニーズの高まりが、ビジュアライゼーションおよび3Dレンダリングソフトウェア市場の成長を促進する主な要因です。また、新興国でのスマートシティ構築の台頭も、市場の成長を強化すると予想されます。技術の向上はゲーム業界を活性化させました。そのため、ノートパソコンやコンピューターシステム、モバイルガジェットでゲームをする人が増えています。ビデオゲームや映画撮影、ゲーム産業において、高度なグラフィカルイメージングの需要が高まっています。しかし、インフラの不足は機能を妨げる制限要因です。高解像度の3D視聴体験の増加は、今後数年間にわたり、市場の主要企業に成長機会をもたらす見込みです。

地域別では、北米がビジュアライゼーションおよび3Dレンダリングソフトウェアを支配しています。北米地域の成長は、Autodesk, Inc.、Adobe Systems Incorporated、Dassault Systemsなどの有力企業が多数進出していることに起因しています。北米などの地域では、強力なワイヤレス接続が存在するため、ビジュアライゼーション&3Dレンダリングソフトウェアの普及が促進されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]