コンクリート混和剤市場、2022年~2028年までCAGR7%で成長予測

コンクリート混和剤の市場は、2022年から2028年までCAGR7%で成長すると予測されています。市場は2028年250億米ドル規模に到達する見込みです。

コンクリート用混和剤は、コンクリートの品質向上、促進、管理性、硬化時間の遅延を目的としてコンクリートに添加される化学成分です。コンクリート建設コストの削減、コンクリートの特定の高強度特性の達成、高い効果といった混和剤の追加機能が市場の需要を増大させる見込みです。混和剤は、混合、打設、運搬、硬化の各段階で品質を維持するために使用されます。超可塑剤は水セメント比を約40%低下させ、コンクリートの作業性と強度を向上させるため、予測期間中に混和剤の成長が促進されます。建物や建築物の維持管理のための基準も、コンクリート混和剤の使用を促進しています。

世界的な人口増加と都市化の進展による建設産業の発展、インフラの改善や、老朽化した建築物を修復するためのメンテナンス活動も、土木部門への政府・公共投資の増加が、コンクリート用混和剤市場の成長を促進しています。複数の政府が、新興国における電力、ダム、橋、道路、都市インフラ開発プロジェクトに多額の投資を行っています。ボリビアでは493kmに及ぶ道路開発のために約5億8,800万米ドルが投資されています。しかし、添加剤に関する認知度の低さと、添加剤のコストの高さが市場の成長を妨げています。現在のインフラの進歩と政府の有利な取り組みが、市場の成長に機会を与えています。

地域に基づいてコンクリート混和剤市場は、アジア太平洋、北米、ヨーロッパ、また中東&アフリカに区分されます。北米はコンクリート用混和剤市場でも大きなシェアを占めています。公共事業や橋、トンネル、道路の再生を支援する米国政府の政策が、北米のコンクリート用混和剤市場の成長を促進しています。ラテンアメリカなどの地域は、米国、メキシコ、カナダなどの国におけるインフラの改善により、コンクリート混和剤市場で前進すると予想されます。アジア太平洋地域は市場の成長を支配すると予想されています。アジア太平洋地域では、国内のエンジニアリング会社や建設会社が増加していることが、同地域の成長に寄与しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]