医薬品連続生産の市場、2022年~2028年までCAGR10.18%で成長予測

医薬品連続生産市場は、2022年から2028年までCAGR10.18%で成長すると予測されています。市場は2028年に34億米ドル規模に到達する見込みです。

原材料を中断することなく生産または加工するために使用される方法は、連続生産またはフロー生産と呼ばれています。医薬品の連続生産技術では、高度な自動化を実現する制御ユニットにより、人手による介入を減らすことができます。医薬品分野では、従来のバッチ生産方式から高度な連続生産技術への移行が加速しています。市場の成長は、連続生産技術の活用に対する規制当局の取り組みの増加などの要因に起因しています。PCMシステムの用途が拡大していることも、予測期間中の市場成長を高める予測です。

医薬品連続生産市場

生産能力とは、経済が生み出すことのできる最大限の生産量のことです。国連貿易開発会議(UNCTAD)によると、最大生産量について合意された定義は存在しません。したがって、連続生産における生産能力の活用が、市場の成長を大きく後押ししています。この生産技術は、時間の節約、品質の向上、生産量の柔軟性、必要な生産量の削減、開発すべき材料の削減など、医薬品の生産に優れた方法を提供し、これが需要の伸びを促進するさらなるプラス要因になる可能性があります。

FDAは、医薬品生産基盤を近代化するための新技術アプリケーションの進歩に関するプログラムを開発し、生産技術の実装の前に代理店と頻繁に議論しています。しかし、連続生産のための自動化ユニットの導入コストが高いことが、市場の成長を抑制する可能性があります。大手企業によるM&Aやジョイントベンチャーは、この市場にさらなるチャンスをもたらすでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]