ヘアケア市場、2022年~2028年までCAGR6%で成長予測

ヘアケア市場は2022年から2028年の予測期間において、CAGR6%近い成長を遂げると予測されています。

ヘアケア業界は新しいトレンドで盛り上がり、ソーシャルメディア上で生まれています。これらの流行に飛びつくブランドですが、ヘアケアの「スキン化」などの最近のトレンドは、頭皮の健康が多数の人々の関心事として高まっていることから、髪の長期的な健康に焦点を当てたものです。それを見越して、各ブランドはスキンケア技術とヘアケアのハイブリッドを進めています。髪を浄化するミセラーシャンプーや、補修・保護するオーバーナイトセラムなど、ヘアケアとスキンケアのルーティンをつなげようというのです。その結果、高級コンディショナーや家庭用トリートメントへの投資も増えています。

可処分所得の増加とヘアスタイルのトレンドの変化が、ヘアケア市場の大きな原動力となっています。19世紀後半、美容サービスという職業が商業ベースで確立されました。その人気は、ヘアスタイルに新たな需要を生み出す技術革新の発展によって後押しされました。美容サービス産業の人気の主な理由の1つは、可処分所得の増加、ライフスタイルの変化、ソーシャルメディアとエンターテインメント産業の急成長です。見た目の美しさが重視される時代にあって、美容サービス産業は緩やかながらも、着実に成長しています。美容サービス産業は、多くが未組織でしたが、フランチャイズを通じた組織化が着実に進んでいます。都市部の可処分所得が大きく伸びたことで、途上国の生活水準は向上しています。それに伴い、身だしなみや健康維持の重要性に対する認識も高まっています。

市場は、北米、アジア太平洋地域、欧州に区分されます。地域別では、北米地域がヘアケア市場を支配しています。北米では、米国がヘアケアの最大の消費国です。米国のヘアケア市場は、様々なヘアスタイリング、発毛、ヘアカラーリング製品の登場により、過去10年間で変化がありました。また、シャンプー、コンディショナー、カラー剤、リラクゼーション剤、パーマ、スプレーなど、ヘアケア分野の新たな進化にも起因しています。アジア太平洋地域は、ヘアケア市場の中で最も急速に成長している地域です。中国は、世界のヘアケア市場の約10%のシェアを占めており、ヘアケア製品の最大の消費国です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]