水素エネルギー貯蔵の市場、2022年~2028年までCAGR7%で成長予測

水素エネルギー貯蔵の市場は、2022年から2028年までCAGR7%で成長すると予測されています。市場は2028年に226億米ドル規模に到達する見込みです。

水素は水の電気分解によって製造され、ガスは中型または大型の容器に貯蔵されます。水素エネルギー貯蔵は化学的エネルギー貯蔵であり、電力を水素に変換します。効率的なエネルギー消費につながるため、技術は有望です。次世代電気自動車に対する消費者の関心の高まりが、水素エネルギー貯蔵の利用を後押ししています。水素貯蔵は、定置用電源や輸送用アプリケーションの燃料電池技術に広く利用されています。二酸化炭素排出量を削減するための政府の支持政策が、予測期間中の市場の成長を促進します。

産業部門による水素エネルギー貯蔵の需要増は、予測期間中の市場成長を促進します。水素は、金属精錬、肥料、化学、ガラスなどの産業で利用されています。水素エネルギー貯蔵は、顧客の嗜好や環境法規制により、二酸化炭素排出量を削減するために産業で活用されています。従来の化石燃料溶解システムはピークに達しており、NOx、CO2、SOxの排出を増加させています。有害ガスの排出を削減するために、水素の使用は最も実用的で実現可能なソリューションであり、予測期間中の市場の成長を促進します。power-to-gas技術の商業化は、予測期間内に成長機会を生み出すでしょう。しかし、水素エネルギー貯蔵は、従来の化石燃料よりも非常に高価です。エネルギー輸送体である液体水素は、気体水素よりも密度が高いため、複雑な機械設備が必要です。導入コストが高いため、予測期間中は市場の成長が抑制されます。

地域別に見ると、水素エネルギー貯蔵市場は、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、中東・アフリカに区分されます。このうち、北米は最大のシェアを占めています。この傾向は、電気自動車への投資の増加、水素貯蔵の研究投資の増加、再生可能な最終製品への消費者の関心の高まりにより、予測期間中も続く予想です。予測期間中は、アジア太平洋地域が市場の拡大を支配する見込みです。中国、インド、日本、韓国などでは、電気自動車、特に大型車の導入が急速に進んでおり、予測期間中の市場成長を後押しするものと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]