最終ライン包装市場、2022年~2028年までCAGR4%で成長予測

最終ライン包装とは、出荷前や製品の最終搬送前に出荷用パッケージを完成させるために必要な機器や機械の集合体のことを指します。最終ライン包装アセンブリは、製造または生産ユニットで使用され、商品の最終輸送の前にパッケージングの最後を自動化します。

この種のシステムは、エンドユーザーから来る増加するニーズに応えるために役立ち、関係するプロセスのシームレスな機能を保証します。このパッケージング・アセンブリは、雇用者が利用可能な労働力をより付加価値の高いタスクに活用するのに役立ち、職場環境の改善とともに人件費の削減を実現します。

最終ライン包装市場

オートメーションの導入による職場環境の改善ニーズの高まりは、最終ライン包装ソリューションの需要を押し上げる顕著な要因となっています。最終消費者産業が、包装コストの削減と包装システムの改善を目的として、この種の包装システムを採用しています。食品・飲料、医薬品、消費財などのエンドユーザー業界では、業界のビジネスが急増しているため、システムの利用が増加しています。

したがって、産業における生産も大幅に増加し、最終ライン包装ソリューションの需要を押し上げています。また、製品ごとにカスタマイズされたパッケージサイズやパッケージ形態に対するニーズの変化にも対応することができます。

雇用主が新しいパッケージングシステムのために、パッケージング従業員にトレーニングを提供する必要をなくすのに役立ちます。

これらのタイプの機械のメンテナンスや修理に関連する高コストは、市場の成長を妨げている要因です。人工知能や機械学習などの新技術が、最終ライン包装ソリューションに統合されつつあります。

地域別に見ると、最終ライン包装市場は、北米、ヨーロッパ、アジア、その他の地域(RoW)に細分化されます。ヨーロッパは、新製品や革新的な製品の包装要件の需要が高まっているため、世界的にこの市場の主要プレーヤーとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]