保護コーティング市場、2022年~2028年までCAGR6%で成長予測

保護コーティング市場は、2022年から2028年までCAGR6%で成長すると予測されています。

市場は2028年に210億米ドル規模に到達する見込みです。

保護コーティングは、腐食を抑制または防止するために別の材料の表面に塗布される材料の層です。保護コーティングには、金属製と非金属製があります。保護コーティングは様々な方法で塗布することができ、腐食防止以外にも使用することができます。保護コーティングの重要な考慮点は、コーティングが金属に確実に付着し、そのままの状態を維持するか、定期的に補修や再コーティングを行うことです。

保護コーティングは必ずしも腐食防止に限定されるものではありません。耐摩耗性や美観を向上させるために使用することも可能です。施す前の素材が持っていなかった耐水性や電気的特性を提供します。

市場の成長を支えているのは、主に建設業界の成長です。建設業界では、保護塗料が広く使用されています。建設業界の成長は、主要な最終使用産業であるため、市場の成長を増大させます。インフラへの政府支出の増加は、市場の成長をさらに促進しています。特に発展途上国の政府は、国の経済を活性化させるためにインフラ整備に多額の支出を行っています。

原材料の価格上昇は保護コーティングの市場成長を妨げると予想されます。しかしながら、革新的なコーティング材料やコーティングプロセスの出現は、今後の市場成長を押し上げると予想されます。複数のベンダーが、熱、寒さ、湿気、ほこり、生物を含む環境要因から表面を保護する、異なるタイプの革新的な保護コーティングを開発しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]