コート紙市場、2022年~2028年までCAGR3%で成長予測

コート紙市場は、2022年から2028年までCAGR3%で成長すると予測されています。

市場は2028年に580億米ドル規模に到達する見込みです。

コート紙は、粘土やポリマーの層がどちらか一方または両側に塗布されています。このようなシートは、非コート紙と比較して、印刷時の画像をより明るく鮮明にし、また反射率も向上させます。この層は紙に光沢と輝きを与え、雑誌やその他の出版物に使用される専門的なタッチを与えます。インクが染み込まないため、シャープな画像が得られます。また、ホコリがつきにくく、インクの持ちが良いため、インクの消費量が少なくて済みます。そのため、スポットニスなどの仕上げに適しています。広告やパッケージングの需要が増加していることから、予測期間中に製品の需要が高まる予想です。

コート紙市場

インターネット取引の拡大、つまりeコマース産業が市場成長の主な要因となっています。宅配食品や家庭用品の人気の高まりは、包装の急増を生み、予測期間中の需要を促進することができます。食料品用袋、紙袋、飲料・牛乳用防水袋、買い物袋などの需要増は、予測期間中の市場成長を強化するものと思われます。さらに、プラスチック包装の使用を制限する政府の厳しい規則が、紙製包装へのシフトを生み出しており、市場の拡大を後押しすることができます。環境に優しい製品の利用へ向けた世界的な傾向の変化や、食品・飲料業界全体におけるプラスチック包装の禁止は、バイオベースおよび分解可能な包装材料の利用へのシフトを促しています。この傾向は、予測期間中に市場の成長を押し上げると予測されます。しかし、コート紙市場はコスト面で非コート紙との厳しい競争に直面することが予想されます。この要因は、市場成長にマイナスの影響を与える可能性があります。

地域別に見ると、コート紙市場は、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、そして中東・アフリカに区分されます。このうち、北米は市場において最大のシェアを占めています。大手メーカーの存在感が増し、塗工紙の製造量が増加していることが、市場拡大の原動力となっています。また、環境への関心の高まりやプラスチック消費量を減らすための政府の取り組みにより、欧州はコート紙市場の拡大を促進すると予測されています。しかし、アジア太平洋地域は市場の拡大を支配すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]