抗菌コーティング市場、2022年~2028年までCAGR13%で成長予測

抗菌コーティング市場は、2022年から2028年までCAGR13%で成長すると予測されています。

市場は2028年に90億米ドル規模に到達する見込みです。

抗菌コーティングは、細胞膜の乱れによって微生物や病原体の成長を妨げるために利用される特定の化学物質が組み込まれたコーティングの一形態です。これらのコーティングは、微生物の繁殖を抑制するという役割を果たす以外に、表面の耐久性や外観を高め、耐食性を向上させます。グリーンケミストリーによる抗菌性ナノコーティングは、環境分野への応用が期待されています。このコーティングは、微生物の活動によって引き起こされる変色、臭気、その他のダメージから保護されるため、対象物の全体的な寿命を延ばします。また、頑固な微生物に対処するために必要な洗浄剤や殺菌剤の必要性を減らすことができます。このことは、医療施設などの建物でこれらの洗浄剤を使用することによる環境負荷の軽減にもつながります。

また、専門業界において清潔さへの関心が高まっていることも、産業の急速な発展につながりました。COVID-19は、主に寄生虫や細菌、バクテリア、不要な微生物などから表面を保護するために使用されます。世界的なCOVID-19の流行の中で医薬品、消毒剤、除菌剤の需要が増加しています。

このことは、医療機器用途の抗菌コーティングの需要を促進しています。市場の最も重要な推進要因は、疾病数の増加やHVACなどの室内空気質項目の需要増加による抗菌表面への需要の高まりです。現代社会では、微生物が原因となる疾病の増加が重要な課題となっています。

金属イオンや抗生物質に対する微生物の耐性、耐性株の増加により、コーティングメーカーの間では、標準的なコーティングに代わるものを行うという意識が生まれています。疾病数の急増によるこうしたコーティングの需要増は、予測期間中の市場拡大を後押しするものと思われます。

しかし、製品の高コストが市場拡大に影響を与えています。また、COVIDのような新しい用途での抗菌コーティングの利用が拡大しており、市場に大きな成長機会をもたらすと考えられます。

抗菌コーティングは、病院や学校の壁、床、手すり、住宅や産業、施設のカウンターにも使用され、マスクや手袋などの繊維製品にもスプレーされるため、COVID-19の大流行を考慮すると非常に重要です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]