防氷コーティング市場、2022年~2028年までCAGR25%で成長予測

防氷コーティング市場は、2022年から2028年までCAGR25%で成長すると予測されています。

表面の氷結は、高いコストが発生し、機能性と安全性を損なう問題として広まっている可能性があります。氷や霜は、人々に危険をもたらし、機械を損傷し、特にエネルギーや輸送に関連する技術の機能を低下させます。氷結は、航空機、船舶、鉄道車両、自動車、ローラーシャッター、冷却装置、風力発電機などに悪影響を及ぼします。防氷コーティングは、大気中の氷結から保護します。航空アプリケーション、自動車産業、風力エネルギープラントから、氷の付着を減らす高度な材料に対する需要が高まっていることから、市場は高い成長ポテンシャルを持つと予想されています。

航空業界からの需要増が、主に防氷コーティング市場の需要を牽引しています。航空機の着氷は、空気力学的形状を損傷するため、飛行の安全性に対する脅威が高まっています。氷結状態での飛行に対応した航空機でさえ、保護されていない領域での氷の蓄積に大きく悩まされています。AOPA航空安全財団の事故データベースによると、気象事故全体の12%が着氷が原因となっています。

米国エネルギー省、米国環境保護庁、NASAなどの政府機関は、着氷防止技術の進歩のために研究者への資金提供や共同研究を行っています。しかし、市場内で入手可能な防氷コーティングには期間限定の効果があるため、市場の成長に影響を与える可能性があります。アンメットニーズに対応するためにバリエーションを増やすことで、防氷コーティングの研究が進み、それらのコーティングの特性を強化・向上させ、耐摩耗性や仕上げコーティングとして使用することが予想されます。

世界的なパンデミックにより原料の主要生産国でのロックダウンの状況は、原料のサプライチェーンに影響を及ぼしました。このような危機的な状況が続いたため、コーティング製品の需要は、原材料の供給停止と労働力の不足により減少し、市場の成長が抑制されました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]