グルテンフリービール市場、2022年~2028年までCAGR15.38%で成長予測

グルテンフリービール市場は、2022年から2028年までCAGR15.38%で成長すると予測されています。市場は2028年に約300億米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

セリアック病(グルテン過敏性腸症)は、人口の約1%が罹患する慢性的な自己免疫疾患です。ビールは伝統的に、貯蔵タンパク質にグルテンを含む大麦や小麦などの穀物から醸造されるため、セリアック病の患者の食事から除外されることが多いです。完成したビールのグルテン含有量は原材料だけでなく、製造に使用される麦芽や醸造の手順にも影響されます。米国ではここ数年、醸造所の数が大幅に増加しています。世界のビール市場は伸び悩んでいますがグルテンフリービールはここ数年、大きな伸びを見せています。グルテンフリービールの大手企業であるニュー・プラネット・ビア・カンパニーは、数年で成長を遂げ、米国で新商品を発売しています。

米国では閉鎖的で物理的な距離を置く必要があるため、多くの企業が閉鎖を余儀なくされており中小企業から大企業までほとんどの企業が影響を受けています。グルテンフリービールの市場は、パンデミック時には利益と市場規模が減少しました。しかし、市場の収益は今後数年で回復すると予想されます。今後、多くの企業が利益率を回復させることが予想されるため、ビール業界は市場規模が大幅に拡大すると考えられます。世界の人々の意識とグルテンフリービールの普及が、パンデミック後の市場をリードしていく見込みです。

消費者の健康志向の高まりによるグルテンフリー製品の需要拡大、大手企業による新製品投入やイノベーション、小売業者によるグルテンフリー製品の積極的なマーケティングなどが、グルテンフリービール市場を牽引すると予想されます。

市場の主要な課題の1つは、グルテンフリービールに関する消費者の認知度の低さであり、消費者はグルテンフリービールの味にまだ不安を抱いています。しかし、企業や小売業者がグルテンフリー製品を積極的に販売しているため、予測期間中にこうした課題の影響は軽減される予想です。セリアック病はグルテンの過剰摂取によって引き起こされる病気です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]