木酢液の市場、2022年~2028年までCAGR7.07%で成長予測

木酢液市場は、2022年から2028年までCAGR7.07%で成長すると予測されています。市場は2028年に約80億米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

木酢液は、分留法の利用により製造されます。木酢液、ムサカ、液体スモークとも呼ばれる酢は、アジアの一部の国で伝統的な手法で生産されています。木酢液は、木材などのバイオマス原料から作られる黒っぽい液体で、ピロリン酸の主成分は、メタノール、アセトン、カルボン酸です。カルボン酸の原料として酢が使われています。

木酢期は、合成農薬や肥料の優れた代替品です。抗病原性真菌、植物成長促進剤、雑草成長抑制剤などとして農業に使用されます。木酢液市場は、主に作物保護化学物質の使用に関する厳しい規制や有機食品の消費増加、作物収量の増加などの要因によって推進されると予想されています。

逆に、液体のような抗寄生虫、抗菌、したがって滅菌剤のアプリケーションの増加は、予測期間中に有利な機会を提供することが期待されています。しかし、世界の液体市場内の拡大は、ピロリン酸の低認識によって抑制される見込みです。一部の地域ではバイオマス木材の燃焼に制限があるため、ピロリグニン酸市場の拡大が制限されます。EUの持続可能性認証は、バイオ燃料の生産における非木材バイオマスの使用を奨励しています。

市場は、アジア太平洋、北米、ヨーロッパ、中東&アフリカに区分されます。北米は、今後数年間で最も高い市場シェアを獲得する予測です。盛んな農業と、有利な政府のイニシアチブは、地域内の市場の拡大を後押しします。アジア太平洋地域は、予測期間中に市場の拡大を支配することが見込まれています。この地域内の主要な市場参加企業の増加の存在は、地域内の市場の拡大を強化することが予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]