原綿加工製品の市場、2022年~2028年まで大幅なCAGRで成長予測

原料綿加工製品の市場は、2022年から2028年まで大幅なCAGRで成長すると予測されています。

市場インサイト

綿の処理は良い品質の製品を供給するために、繊維、医薬品、貿易財、等のようなアプリケーションのすべてのタイプで水分を減らし、繊維の品質を改善するための技術です。原綿の精練(種から糸くずを取り除く)工程は、綿繊維、リンター、綿実の集合体で終わります。綿実をさらに加工し、植物油、綿実殻、綿実粕を生産します。綿花が収穫された後、最初の加工は糸くずと種子を分離するジニングで、綿繰り作業のほとんどは、実際に栽培されている場所で行われます。原綿が国際貿易に使われることはほとんどありません。

近年、世界的に衣料用・非衣料用を問わず繊維製品の組み立てが増加しています。繊維産業はさらに、世界経済の重大な一部門であり、世界中で何百万人もの雇用を生み出しているため、世界人口の増加によって牽引されています。自動車に使用される繊維は、一般的に自動車、バス、列車などに幅広く使用される非衣料品であり、世界の新興国での自動車生産の急速な工業化により、市場は順調に成長しています。世界の新興繊維市場は、原材料を綿加工製品市場に依存しており、市場を牽引しています。綿リント分野は、繊維産業からの需要が最も高い分野です。都市化の進展と消費者のライフスタイルの多様化により繊維製品の需要が増加しており、リントセグメントの拡大をさらに促進すると予測されます。

また、消費者の品質に対する意識の高まりは、予測期間内の綿加工製品市場の拡大にプラスに働くと予測されます。一方、高い生産コストと製品の品質が市場成長の妨げになる可能性があります。

地域別に見ると、世界の綿花加工製品市場は、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、中東・アフリカ、南米に区分されます。北米は、今後数年間で最高の市場シェアを獲得する見込みです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]