食品安全検査の市場、2022年~2028年までCAGR8.06%で成長予測

食品安全検査の市場は、2022年から2028年までCAGR8.06%で成長すると予測されています。

市場は2028年に約300億米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

缶詰食品、農場生鮮食品、冷凍食品、加工食品に汚染物質や化学物質があると食中毒や人間の健康への悪影響につながる可能性があります。有害物質や病原体は、供給源から顧客への最終配送までの、どの時点でもバリューチェーンに入り込む可能性があります。そのため製造段階や食品が消費者に届く前に、食品の安全性を確認するための検査を実施することが重要です。食品安全検査市場では、食品を媒介とする汚染検査への需要が高まっているため、病原体検査が大きなシェアを占めています。

包装された食品や飲料に含まれる汚染物質による食品媒介性疾患の増加が、食品安全検査の市場の成長を促進すると予想されます。迅速な検査技術に対する食品業界からの需要が増え続けていることも、市場を牽引しています。利便性の高い食品や飲料の消費の増加、食品の安全性に関する消費者の意識、政府による厳しい規制は、成長の主な要因です。

特に先進国において、食品の安全性に関する規制が実施されていることが、食品安全検査市場の成長を促進しています。動物性副産物のリサイクル、使用期限を過ぎた商品の販売、有害成分の含有、安全でない食品取扱工程などは、主な食品不正行為の一部です。有毒化学物質や放射性物質を含む汚染された食品を摂取すると、食中毒を引き起こし、死に至ることもあります。食品基準庁、欧州食品安全機関、インド食品安全基準局、カナダ食品検査庁など、多くの大手食品安全機関が消費者の体調不良や食品詐欺を防ぐために厳しい規制を実施していることが、成長を促進すると予想されます。しかし、検査技術の複雑さが市場の足かせとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]