食品カプセル化市場、2022年~2028年までCAGR7.86%で成長予測

食品カプセル化市場は、2022年から2028年までCAGR7.86%で成長すると予測されています。市場は2028年に170億米ドル規模に到達する見込みです。

市場インサイト

食品カプセル化は、食品成分中の生物活性分子や生きた細胞の送達を改善するために不可欠なツールです。保存期間を延ばし、加工食品の風味としての色と味を維持するのに役立ちます。ビール、飲料、菓子、乳製品、肉、鶏肉、ワインなどの産業で広く利用されています。

ビタミンや添加物は、機能性食品に広く消費されているため、カプセル化市場で高いシェアを占めています。市場で利用可能な重要な技術のうち、物理的プロセスは、より多くの需要を経験しています。色、味、風味を改善するための食品カプセル化に関する意識の高まりは、市場規模をさらに拡大させると予想です。

食品カプセル化市場は、サプライチェーンの混乱によるCOVID-19の大流行によってマイナスの影響を受けています。食品カプセル化には、多糖類、タンパク質、脂質、乳化剤など原材料や製剤が必要とされています。原料は主にアジア太平洋地域からドイツやポーランドなどの欧州各国へ大量に輸入されています。

食品カプセル化市場を牽引する要因は、利便性食品と機能性食品の需要の増加です。色、味、風味の改善における意識の高まりは、市場規模をさらに増大させると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]