オレイン酸エステルの市場、2022年~2028年まで大幅なCAGRで成長予測

オレイン酸エステルの市場は、2022年から2028年まで大幅なCAGRで成長すると予測されています。

市場インサイト

オレイン酸エステルは、オレイン酸から誘導されアルコールとオレイン酸を触媒で反応させることで合成されます。オレイン酸エステルは、植物油や動物性油脂などの天然資源から得られます。植物油の中では、キャノーラ油、大豆油、パーム油などが好まれています。これらの油は天然原料由来であるため、化学合成品よりも優先されます。オレイン酸エステル市場は、オレイン酸エチルやオレイン酸ブチルなどの製品から構成されており、複数の産業用途に使用することができます。オレイン酸エチルは、エタノールとオレイン酸の反応によって得られ、高い消費量の背景には、優れた溶解性の特性があります。

オレイン酸エステルの需要は、工業化の急速な進展と、使用利点に関する消費者の認識により、増加する予想です。市場は、主に用途産業の拡大と新興市場の成長によって牽引されています。しかし、オレイン酸エステル市場の増加は、高価格、高い生産コストなどの要因によって阻害される可能性が高いです。製造工程に関わる技術の改善により、市場は絶え間なく変化していくことが見込みです。

市場の継続的な変化により、オレイン酸エステルの規格や品質の向上が起こり、市場のダイナミクスが変化する可能性があります。しかし、市場の成長は化合物の生産コストの上昇によって妨げられると予測されます。PVC需要の高まりは、予見可能なスパンにおいてオレイン酸エステル市場に有利な成長機会をさらに提供します。一方、先進的で安全な潤滑油や農薬を開発するために、世界市場の有力企業が研究開発を進めていることは、予測期間中の事業ダイナミクスをさらに推進するでしょう。

地域別では、アジア太平洋地域が予測期間中、最大のオレイン酸エステル市場になると予想です。急速な工業化傾向により、アジア太平洋地域はオレイン酸エステル市場で大きなシェアを占めると思われます。中国とインドがこの地域の農薬産業の主要な企業であり、農薬と肥料の需要は今後も伸び続ける見込みです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]