動物飼料用微量栄養素の市場、2021年~2028年まで著しいCAGRで成長予測

動物飼料用微量栄養素市場は、2021年から2028年まで著しいCAGRで成長すると予測されています。

市場インサイト

家畜は生活の維持、栄養・環境の確保、インド農業の成長において重要な役割を担っています。過去数十年間、畜産業が大きく発展したことが、農業が良好な成長率を記録した主な理由です。動物の数という点では成長を達成しましたが、生産性の向上を達成する必要があります。動物飼料用微量栄養素が動物、特に豚の体重を増加させる機能を持つことは、産業発展のための好材料になる見込みです。また利用は良質な肉の収量につながり、需要を牽引することが期待されます。

動物飼料用微量栄養素の市場は急速にCOVID以前の水準に到達しつつあり、ほとんどの発展途上国の経済復興に牽引されて健全な成長率が期待されます。しかし、予想される第三波、更なる波による未曾有の事態が市場の成長に影響を及ぼします。一方、特に英国、ドイツ、フランス、ロシアなどの欧州諸国における鶏肉製品製造施設の急速な拡大は、パンデミック後に市場に巨大な成長機会を生み出すでしょう。さらに、COVID-19による消費者の健康意識の高まりは、より多くの栄養素を含む製品へと嗜好を変え、予測期間中の市場の成長に貢献するでしょう。

動物飼料用微量栄養素の市場は、ペット動物の所有に対する関心の高まり、動物の福祉と健康に対する支出の増加、動物の発育と繁殖力における動物飼料用微量栄養素の成功などの要因によって推進されています。微量栄養素は、健康を改善し成長と生殖能力を高めるため、家畜生産において重要な役割を果たし、市場の成長を大きく後押ししています。一方、研究で識別された抑制要因は、動物飼料用微量栄養素の重要な投与量のアプリケーションが含まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]