大豆たんぱく質市場、2022年~2028年まで大幅なCAGRで成長予測

大豆たんぱく質市場は、2022年から2028年まで大幅なCAGRで成長すると予測されています。

市場インサイト

大豆タンパク質は、赤身のタンパク質、コレステロールフリー、ラクトースフリーの非常に豊富なタンパク源であり、消費者に数多くの健康上の利点を提供します。大豆タンパク質は大豆から分離され、人間の消費者の食事で動物性タンパク質を置き換えるために広く利用されています。大豆タンパク質は低脂肪で、飽和脂肪とコレステロールを含まないため、食品の密度を高めるための完璧なタンパク質源となっています。低脂肪タンパク質源と栄養価の高い食品への注目が高まっていることと、栄養科学と運動生理学の進歩は、大豆タンパク質と大豆食品の需要を高める主要因です。大豆プロテインは、全タンパク質である唯一の植物性タンパク質であり、本質的に栄養専門家の推奨事項の範囲内に収まっています。

タンパク質の利点に関する意識の高まりとタンパク質豊富な食事への需要の増加、健康とウェルネスの傾向の高まり、肉の代替品に対する消費者の集中力の高まり、マイクロカプセル化などの成分技術の進歩が、一般的な大豆タンパク質市場の拡大を促す主な要因となっています。世界のタンパク質需要は、人口増加と並行して増加しています。高タンパクトレンドは人気を博しており、今後数年間も関心が高まる可能性があります。食糧農業機関(FAO)によると、2050年には、世界の食糧需要、特にタンパク質の需要は2013年の2倍になります。さらに、消費者は充実したライフスタイルを支えるタンパク質の利点により注意を払うようになりました。タンパク質が豊富な食事は、健康上の懸念を軽減することが証明されています。

その結果、消費者は毎日の食事に一定量のタンパク質を取り入れるようになり、大豆タンパク質の生産量と消費量が世界的に大きく増加しています。市場の成長を妨げている最も重要な要因は、市場内の他の代替品の存在です。植物性タンパク質は、急速に地球全体で人気を集めており、メーカーは大豆が使用されていない場合、エンドウ豆タンパク質、小麦タンパク質、米タンパク質、豆類、カノーラ、亜麻、チアタンパクなどの異なる植物性タンパク質を選択されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]