マルトデキストリンの市場、2022年~2028年まで大幅なCAGRで成長予測

マルトデキストリンの市場は、2022年から2028年まで大幅なCAGRで成長すると予測されています。

市場インサイト

食品に利用される多糖類添加物は、マルトデキストリンと呼ばれています。マルトデキストリンは、特にデンプンから製造される白色の吸湿性のある噴霧乾燥粉末の形態をしています。消化吸収がよく、ブドウ糖と同じくらい早く吸収され、適度な甘さとほとんど無味のものがあります。

《マルトデキストリンの使用例》

・清涼飲料水やキャンディの製造

・ビール醸造

・ポテトチップスやジャーキー、スナック菓子、冷菓

マルトデキストリンは、実際の砂糖ではなく糖尿病患者に適しているため、砂糖不使用の製品に利用されることが多くなっています。しかし、この成分はグルテン不耐性の人には適さない場合があり、市場の成長をある程度阻害する可能性があります。

パッケージ食品、ベーカリー製品、乳児用食品の需要が高いため、固形マルトデキストリンとシロップの生産量を増やす必要があります。研究開発における活発な活動は、おそらく市場の拡大を後押しするものと思われます。一方、食品・飲料業界では、ガムなどの増粘剤の利用が拡大しており、市場の拡大を抑制する要因となっています。しかし、グルテンアレルギーの患者はそのような製品を摂取できない可能性があるため、市場の抑制要因です。マルトデキストリンの非食品用途としては、医薬品、化粧品、製紙などがあり、予測期間中にこれらの最終用途産業が拡大するため、機会をもたらすと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]