高圧加工の市場、2022年~2028年まで大幅なCAGRで成長予測

高圧加工の市場は、2022年から2028年まで大幅なCAGRで成長すると予測されています。

市場インサイト

高圧加工(HPP)は、広範囲の食品を処理するための選択肢として使用されている技術です。最終的にパックされた製品を容器に導入し、容器に水によってかけられる最大レベルの等圧をかける冷凍低温殺菌技術です。高圧により、食品中に存在する細菌、酵母、カビ、寄生虫、ウイルスなどを除去し、製品の寿命を延ばし、食品の安全性を保証し、熱劣化の心配もありません。高圧加工は環境に優しいプロセスで、食材の特性(栄養素など)や風味を維持するのに役立ちます。

消費者の健康に対する意識の高まりと、包装された食品や野菜の需要増が、高圧加工装置市場の成長を後押ししています。また、果物や野菜の需要の増加は高圧加工装置の需要を急増させ、市場の成長を促進することが期待されます。果物・野菜向け高圧加工装置市場の影響要因としては、果物、野菜、ナッツ、ベビーフードなどの製品における高圧用途の需要の急増が挙げられます。

ブラジル、南アフリカ、コロンビア、アルゼンチンなどの国々の経済成長がパッケージ食品産業の成長を牽引し、パッケージ肉製品や食品加工品を製造するための高圧加工機器の需要を高め、高圧加工機器市場の成長を後押ししています。一方、水産物の加工に高圧加工装置が採用されることで、市場の成長機会が生まれると予想されます。しかし、高圧加工装置のコスト高と原材料価格の変動が、高圧加工装置市場の成長を制限しています。

高圧加工市場は、地域別にアジア太平洋地域、北米、欧州、中東・アフリカに区分されます。北米は、予測期間中に最大の市場シェアになる予想です。米国内の有利な規制が、予測期間中の高圧加工市場の需要を後押ししています。高圧加工は、ジュース製品よりも肉製品や魚介製品に広く使用され、欧州地域における市場の成長を高めると思われます。アジア太平洋地域は、予測期間中に市場の成長を支配することが見込まれます。主要な市場企業の存在感が高まっており、同地域の成長を促進する予想です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]