ベーキング材料市場、2022年~2028年まで著しいCAGRで成長予測

ベーキング材料市場は、2022年から2028年まで著しいCAGRで成長すると予測されています。

市場インサイト

ベーカリー材料は、新鮮さ、柔らかさ、味の維持、保存性の向上、焼き菓子内のタンパク質含有量の増加を助ける食品です。これらの製品は、市場内で提供されており、世界的に人間の栄養に不可欠な食品と見なされています。原材料の選択と組成が、焼成栄養素の風味と食感を決定します。パンやビスケットのような製品の需要は、大きな速度で増加していると世界の食材市場の拡大のための有利な成長の機会を生成することが期待されます。北米と欧州の成熟したベーカリー材料市場では、健康上の利点を示し、人工的な成分をあまり含まないか、無視できるほど少ないベーカリー材料に対する需要が大きく伸びています。

冷凍ベーカリー製品市場の成長も、ベーカリー原料の消費を押し上げる見込みです。冷凍ベーカリーの受け入れの上昇は、利便性、準備のスピード、簡単な製品の可用性、低コストなどの要因のおかげです。ベーキング材料市場の成長は、コーヒーショップや小規模および大規模な食品チェーンからの需要の上昇によってサポートされています。冷凍ベーカリー製品はインドや中国などの新興国において、所得や購買力平価(PPP)の上昇により、潜在的な需要を達成することが期待されています。ベーカリー製品および菓子の消費量の増加は、予測期間中の市場成長を促進する予想です。また、消費者の間でヴィーガニズムやベジタリアニズムの傾向が高まっていることも、成長機会を生み出すでしょう。しかし、厳しい規制や国際的な品質基準が、市場拡大の妨げになる可能性があります。

地域に基づいて、ベーキング材料市場は、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、中東&アフリカ、南米に区分されます。ヨーロッパはベーキング材料市場内で最も重要な収益を生成し、主要な市場を維持するでしょう。ドイツは、欧州の主要な収益を生成する市場です。北米、米国、メキシコでは、ファーストフードチェーンの増加により、ベーカリー食品の利用が拡大しており、ベーカリー原料の利用も進む見込みです。アジア太平洋地域は、ベーカリー製品の需要の高まりとライフスタイルの変化により、最も急速に成長しています。人口増加と可処分所得の増加により、インドと中国が予測期間中に世界で最も急速に成長する市場であると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]